人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

お金が無いと卑屈になる

なんだかんだ言ってもお金は大事ですよね?
だってお金がないと生活していけれないですもの。
税金だってただ住んでいるだけで取られていきますもの。

世間には
「お金がなくても幸せ!!」
とか
「お金よりも大事なものがある!!」
と言われる方もおりますが、ある一定額の自分が幸せを感じられる金額を手にしているから言える言葉なのではないかな?と思います。
本当にお金がない状況を味わったことがないのかもしれません。
私の勝手な偏見ですけれどね。
もちろん、生きている命はお金に変えられるものではないですので、そこだけはお金よりも大事となりますけれど。


毎日幸せだな。普通に生活していけれるって幸せだなぁ。って。
幸せを感じられるくらいの稼ぎがあって生活できている方は幸せです。


そうではなく、日々の暮らしも一杯一杯。
何を買ったら一番安いのか?
家計に響かないように欲しいものは我慢しなければ・・・。
本当はあれが欲しいのだけれど、買えないなぁ。
などなど、節約したり我慢したりでお金のやりくりに苦労している方もおみえになると思います。

私も一応稼ぎはありますが、自分一人生きていく分で精一杯ですし、欲しいものがすぐに買えるほどではありません。
我慢していることのほうが多いです。


そうして我慢ばかりを続けていると気持ちにも変化が現れてきます。

どんどん卑屈になっていきます。
ものの見方が変わってきてしまいます。

「なんでこんなに貧乏なんだろう」
「もっとお金が欲しい」
「もっと稼ぎがいい仕事できれば・・・」
「稼げないのは自分に力がないからだ・・・」

自分を陥れ他人を羨むような
そういう考え方が出てきます。出てくることありませんか?

やっぱりね、自由に使えるお金があるというのは心にも余裕が生まれると思うんですよ。
心に余裕が生まれると、顔つきや表情にも現れると思うんですよ。幸せそうな顔しているなって。
生活に苦労している、好きなものが買えない、欲しいものが買えない、行きたいところへいけない、やりたいことも出来ない。
そういうの辛くなっちゃいますよね。
「◯◯ない」「◯◯ない」って、「ないない尽くし」の否定的な言葉ばかりが生まれてきて、考え方も否定的になってしまいます。

視野も狭くなって、選択肢が限定されてしまい自分の枠組みも狭くなります。
自分の枠組みが狭くなるとどうなるか?
がんじがらめにされている気分になって身動きが取れないような心理状態を起こします。
鎖につながれているような感覚ですね。
なんとかこの場から逃げたい。なんとかこの状況を変えたいって。

マイナスをプラスに変えるエネルギー。「なにくそ!!」ってなって現状を変えられるほどの力を持っている人は動けるかもしれませんが、世の中そんな人ばかりではありません。
マイナスがマイナスを呼びどんどん落ち込んでいく人だっているんです。

自分はマイナスをプラスにすることもあって頑張ろうって思うときと、マイナスがさらにマイナスになって落ち込んでいくときと、その日のバイオリズム?によってコロコロ変わるんですけれどね(笑


現状に満足してしまうと、もっと、もっと、って高望みをするようになってしまうのかもしれませんが、自分が生きていく上で毎月いくらぐらいの稼ぎがあったら幸せを感じることが出来るのか。
そこを考えながら仕事を選ぶのも大切なことですよね。
やりたい仕事がなかったら自分で始めることも視野に入れることもいいかもしれません。



あ、あとこういうケースもあります。
「お金は欲しい。お金がないから卑屈になるのもわかる。そして稼ぐためには仕事をしないといけない。だけれど仕事に追われるのも嫌だ。プライベートの時間を大切にしたい。そうすると仕事をする時間を減らしたい。イコール稼ぎが少なくなる。お金がない。先頭に戻る。」
というぐるぐる回っている感じの考え方。
現状がなにも変えることが出来なくて停滞しています。稼ぎも増えませんし生活も良くなりません。


脱出の糸口はあるのですけれども、人それぞれ方法は違ってきますし、そこにハマらないと抜けられないというちょっと苦労する生き方です。



ま、いろいろありますよね。