人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

THEO(テオ)で半年間資産運用してみました

資産運用なんていう言葉を使うとかっこよさそうに見えますが、別に大したことはないでしょう。

大したことないはずです。

 

そもそもTHEOって何?

THEO(テオ)とは少額から始められるロボット(ロボアドバイザー)型の投資信託です。
最初に幾つかのアンケートに答えて、その結果をもとにどういうスタイルで投資を進めるかを判断してもらえます。
ポートフォリオが自動生成されて運用が始まります。

THEOでは最小投資価格が10万円ということで、これなら自分でも始められるかな?と感じて始めてみました。パート労働者(当時。現無職)にとって10万円もなかなかの大金でしたが。

 

実際に運用してみた体感

「投資ってめちゃくちゃお金が増えるんでしょ?」みたいに思ってしまっていると、ものすごく期待外れな感じがすると思います。 肩透かしを食らった感じです。
私も期待しすぎてしまった部分があったのは否めましせん。

そもそも10万円の投資額というのは、投資の世界ではひよっこのはずです。
たかだか10万円の投資でたくさん増えてしまうはずがありません。
10万円に対するお金の価値観を低く見ておかないといけません。

結局のところ、10万円を半年間運用してみたところ、上がったり下がったりしながら現状維持という感じでした。

上がり幅、下がり幅はともに1000円くらい。
時々運用手数料が引かれます。

10万円に対して1000円の運用益が出るなら、
100万円なら10000円、
1000万円なら10万円、
という単純計算も出来なくはないでしょう。

しかし私にはそんな資産は無いですので、実験は10万円だけです。
それもなけなしの。

 

お金に余裕のある方はそれなりに入れておいたほうが利益が出る

少額から投資ができるという意味ではとてもお手軽にスタート出来ます。
しかし運用益に期待しすぎると「あれ?こんなもんなの?」って思ってしまいます。
私は思ってしまいました。期待しすぎでした。

10万円預けていて1万円も儲かるなら、みんなやることでしょう。成績良すぎです。
10万円の元本で1000円増えただけでもすごいことだと思います(減ることもある)。
銀行に預金しておくよりも良い気もします。

私は最低額でしか運用できませんでしたが、お金に余裕のある人はそれなりに入れておいたほうが運用益が享受できると思います。

しかしリスクもありますので、あくまでも「余裕」のある方におすすめします。
日々の生活にカツカツの方にはオススメしません。

 

手っ取り早く始められて、解約も簡単

THEOが何よりも優れているなと思ったのは、ものすごく手取り早く始めることが出来ました。
スマホ片手にポチポチやってるとスタート出来ます。
本人確認書類も免許証を撮影してアップするだけです。
審査が通れば口座開設完了です。あとは運用金を入金すれば自動で運用が始まります。

 

解約もボタン一つで出来ました。
現在私は解約処理中の段階にあります。
解約申請後8営業日後?に入金しているお金が戻ってくるみたいなので、待っている段階です。

 

「気軽に始められて、嫌ならやめればい」という、そんな簡単なスタンスでいけます。

 

その10万円、何に使いますか?

10万円で資産運用ができるという投資信託でしたが、半年で1000円前後の運用益。
もしかすると、このくらいの少額投資のレベルなら普通に株式を買って保有していたほうが得になることもあります。
それは「株主優待」です。年に1回、もしくは半年に1回株主優待を得られる株もあります。

そういうものを持っていたほうが「楽しみ」という面では心が明るくなります。
もちろん安い時に買えば運用益が出せるでしょうし、逆に買った時より金額が下がるリスクはあります。
しかし、長期保有株主優待を楽しみたい!というのであれば、なるべく安い時に買ったほうがいいのは間違い無いですが、自分としてはそういうスタイルが好みだなって思います。

そんな訳で、私はこの解約した10万円を株式投資のほうに回してみたいと思います。

 

今回はそんなお話でした。