人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

会社を辞めた途端に寂しさに襲われている。

文句しか出てこなかった会社を辞めた。

表面的な人付き合いでどこか気持ち悪さのある会社を辞めた。

契約した労働時間をほとんど守ってもらえず、オーバーワークになってしまっていた会社を辞めた。

なんども「もう辞める!」と思った会社を辞めた。

 

辞めた途端、今度は虚無感と寂しさに襲われている。

 

きっと、それだけそこの仕事が身についていたのだ。

染み付いていたのだ。

ストレスを感じつつも体が勝手に動いてしまっていたのだ。

 

そう、私は仕事そのものは好きだった。

出来たから。

この仕事は私の強みを行かせていたし、引き出してくれていた。

 

でも、それを上回るほどのストレスがあったから「辞める」という行動に動いたのはまぎれもない事実。

 

冷静かつ慎重に辞める方個性に持って行けたか?

と聞かれると、今回の「辞める」は自分でも想像出来ないくらいの突発的ではあった。

一気にゲージを振り切ってしまった。重なったのだ。いろいろと。

体が会社に向かうことを拒否してしまったのだ。

 

昨日の夜、私物を引き上げに行ったとき、退職届に印鑑を押した。

そのあと、今まで使っていた道具を綺麗にし、油をさした。

ついでに周りの人たちの道具にも油をさした。

2年と3ヶ月。

あっという間だった。ものすごく濃密だった。

そしてものすごく頑張ったし、ものすごくストレスも受けた。

完全なる短距離走だった。

駆け抜けた。

私は自分の机の前に立ち、周りを見渡した。

もう、ここに立つことは無いのだな、と。

 

そして寂しくなった。

「居場所がなくなった」と感じた職場だけれど「そこに私はいた」。

存在していた。

頑張ったな。本当に。

物を作り、電話対応をし、他の人に教え、問題解決に勤め、納品に走り、不良を修正しに向かい、ついでに愛想も振りまいた、、いや、関係性を築くことに力を入れた。

 

仕事を愛していたんだなって思う。

やっている時以上に、辞めたあとの方がそれを感じる。

 

だけれど、長距離走を走るだけの力がなかった。

外的要因もあるし、内的要因もある。

 

 

私はこの会社でたくさん学べた。

多くの人に関われた。

良い人もいたし、嫌いになってしまう人もいた。

それが分かっただけでも大きな学びだった。

仕事の内容ももちろん学びがあった。

 

 

「完全燃焼」出来ていたのかもしれない。

私は、私の全力で立ち向かって、燃え尽きてエネルギー切れになったのだ。

 

貴重な人生経験をありがとう。

最後までタイプが正反対で合わない社長だったけれども。

 

もしあなたが、私と相性の合う性格だったら、もっと頑張れたのかもしれません。