人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

奥さんが看護師で夫が主夫をやっている家庭

ネットなどでよく見る言葉。

「奥さんが看護師だと勝ち組」という結婚に対する価値観。

そういう言葉には奥さんの「心」の部分は全く反映されておらず、職業からくる収入の面だけの話なので下世話な感じさえするのだけれども、「夫がパイロットだと勝ち組」とかそういうのもあるので、男も女もお互い様かもね、と思う部分もある。

 

なんでそういう言葉が出てくるかってやっぱりお金が稼げる家庭が羨ましいからだろう。
職業によって得られる金額が違うから、お金を稼いでいる家庭は羨ましく思えてしまうものなのだ。
お金はあったほうがより幸せなのだ。
そして「自分が働かなくてもいいから」という依存心も持っている人もいるだろう。

今回は自分が男性だということもあるので、「奥さんが看護師だったら」というケースで考えてみたいと思う。

 

奥さんが看護師だと良いこと、悪いこと

これもいろんなサイトで書かれているので、あんまりこと細く書くのもややめんどくさい。簡単に書いて終わろうかと思う。

【奥さんが看護師だと良いこと】
・収入面での確実な安心感 

笑ってしまうくらい一番最初に出てくるのは収入面の話。
むしろそれ以外は”おまけ”だというようなくらい記述がない。
けれどもそれが最大の強み。

 

【奥さんが看護師だと悪いこと】※悪いという表現も如何なものか・・・。
・奥さんに頭が上がらない。プライドの高い男性には辛い。
・奥さんの方が仕事が激務でストレスを抱えていることが多い。
・奥さんの方が気が強い。
・病気のときに思ったより冷たい対応をとられる。
・夫婦生活が合わない。

 

奥さんが看護師さんの場合離婚率も高いというような意見も多々見受けられるのですが、生活がハードですし上手く噛み合わなければそういう結末にもなるよなと思います。
まぁ看護師に限った話ではないですが。

 

実際のケースを聞いてみた

最近奥さんが看護師さんをやってみえて、旦那さんが主夫をしているという方とお話する機会があったので、かいつまんで書いてみようと思います。

その方が結婚されたのは20代前半のとき。
お子さんも2人みえるそうです。上の子はもう高校生だということです。
結婚生活も20年ほどになっているようです。

奥様の方は看護師として頑張って働いている傍、旦那様は主夫としてお子さんのお弁当を作ったり、家の掃除をしたりなどしっかりと家事をなさっているとのこと。
そして昼間はパートに働きに出るといった感じです。

看護師をされている奥様はやはり激務らしく、その大変さもよく夫婦間の会話の中で上がってくるそうです。

そして夫婦仲が特に悪いといった感じもなく「これが自分達に合った生活スタイルだ」ということを認識して暮らしているんだなということが伝わってきました。

 

奥さんが高給取りな場合、男性はそれをどれだけサポートできるかが鍵

女性の方が高所得で、男性の方が低所得なケースな場合は、奥さんをどれだけサポートできるかが鍵となってくるのだろうと思います。

きっとプライドが高い男性や自堕落な男性には無理なのだろうなと思います。
完全に負んぶに抱っこになってしまいますからね。離婚まっしぐらでしょう。

上記のお話を聞いたとき、一世代前に「男性は外に出て働き、女性は家庭を守る」というフレーズがありましたが、それを上手く逆転させて自分たちの生活に取り入れた成功事例なのだと解釈しました。

どういう生活スタイルが自分たちに合っているかを把握して理解した上で、お互いの役割をうまく行っているのだなと思います。
信頼関係も構築されていて理想的な感じすらあります。
出来ることを出来る方がする。ベストですね。

 

自分のことを話しているみたいだけれど→世の中稼げる男性ばかりじゃないからね

「自分は女性に相手にされるほどの人間ではない」と自分で思っているので別に結婚とかは割とどうでも良いのだけども、自分の稼ぎの少なさは将来的には不安になる。
行き詰まったら一人静かに消えていこうと考えることすらあるので、世の中には迷惑はかからないはずだ。
(行き詰まら無いようにここ数年手立てを考えては道半ば・・)

しかし、私に限らず、今の世の中で男性がしっかりと稼ぐなんていうことはなかなか難しい社会で収入が低い中でもなんとか生きていこうと頑張っている男性も少なくないはずだ。
孤軍奮闘している男性もいるだろうし、夫婦共働きで家庭を守ろうと頑張っている家もある。
生きることにそれぞれが精一杯。

 

結局今日の記事で何が言いたかったのかというと、もし自分も看護師の女性と結婚すると想像した場合、自分の性質上会社で働きたいと思うようなタイプではないので、主夫をするという役割の方が合っているのかもしれないな?と思った。というお話です。

 

以上。

 

 

現役看護師イラストエッセイ 病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。

現役看護師イラストエッセイ 病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。

  • 作者: 仲本りさ
  • 出版社/メーカー: いろは出版
  • 発売日: 2018/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

蚊帳の中で寝るのって、なんかキャンプみたいで楽しいんだなと思った

皆様、こんばんは。
本格的な夏が始まりましたね。

私が2ヶ月ほど前に書いた記事。
蚊帳を買ったよって報告した記事。
覚えていらっしゃいますでしょうか?

え?覚えていないって??
過去記事はこちら↓ 

search-life-work.hatenablog.com

 

まぁ、過去記事を読むなんてめんどくさいと思うので、こっちに軽く書いてしまうのですが、ざっくり言うと「蚊帳」を買いました。
夏の夜を安心して眠れるように買いました。
主にムカデと蚊対策です。

ありがたいことに今年はまだムカデは出現しておりません。
ですが蚊は普通に飛び交っております。
夏ですね。
蝉もワシャワシャ鳴いていますし。梅雨明けしたら速攻で鳴き始めました。

 

蚊帳の効果は素晴らしい

私の自室もデフォルトでクーラーが稼働するようになりました。
蒸し暑くてとてもじゃないですが寝るに寝られないですからね。

そして蚊の出現率も上がってきました。
パソコンなんかをしていると、知らないうちに刺されたりします。

すると、「あ、今この部屋には蚊がいる。戦っておかないと今夜は安眠妨害される。」という思考が頭をよぎります。

しかし一度刺されてどこかに行ってしまうと、見つけるのは至難の技です。
どうにかしたいのに、どうにもできないもどかしさ。
苦しいですね。

 

ちなみに、「ノーマット」などの蚊取り系を使えば済むじゃん?
という方もおみえでしょう。

アース製薬 アースノーマット電池式 蚊取り 180日セット ホワイトシルバー [防除用医薬部外品]
 

 おっしゃる通りです。蚊取り系のグッズを使ってしまえば蚊の対策はバッチリですね。
しかし、寝ている間にムカデなんかが出てきてしまった日にはもうどうしようも無いですからね。防衛ラインは引いておかないとなりません。

これまでよく蚊帳なしで寝てたなと思います。
蚊帳の中で寝るとものすごい安心感が生まれます。
寝ている間に何が出ようが、よそで勝手にやっててくれ。そんな精神で入られます。
無敵バリアです。

蚊帳の効果の素晴らしさは「安心感が生まれる」ということです。

 

付加価値でキャンプのような楽しさが生まれた

使ってみて思ったのは、「テントの中にいるみたいでなんか楽しい」という感覚でした。
私が買ったのはシングルベッドの上に置いて使える蚊帳です。  

正直なところ、広げると結構なサイズ感になるので初見は「邪魔くさい」と感じることでしょう。
部屋の中にドームが現れるのです。
部屋が狭くなってしまった気にさえなってしまうことでしょう。

しかしそれは我慢してください。
夏の夜の快適な睡眠を守るために。

それよりも楽しめることが増えるのです。

それはまさに室内キャンプ!!

実際のテントは蚊帳のようなメッシュではなくて閉ざされた空間になるわけですが、それはそれ。
蚊帳でもちゃんとテントの中にいるような気分が味わえるから不思議です。

なんでしょうね、仕切られたちょっと狭い空間というのがテントの雰囲気を感じさせてくれるのでしょうか?

おーなんかちょっとワクワクするぞ!という楽しさがあります。
これ、小さい子供だったら絶対もっと楽しいを感じられるんだろうなと思います。
興奮してはしゃいじゃうと思います。
私にはもうそこまでの童心は残っていませんけれどね。

というわけで、意外にも蚊帳は楽しいということが判明致しました。

 

私が買った蚊帳以外にもこんな蚊帳があります。
2つだけピックアップ。

 

 今年の夏は、蚊帳の中で寝てみるのも趣が変わって楽しいかもしれませんよ?

 

過敏性腸症候群が酷い感じになったので病院へ行ってきた話。

前回の記事↓

search-life-work.hatenablog.com

 

ここのところ過敏性腸症候群についての記事を連発している私。
連発しているということはそれだけ気にしているということの裏返しでもあります。

お腹の調子はどうなのか?とか食べ物はどんなもの食べたらいいのか?とか読んだり悩んだりしていたところ、それはやってきました。

 

2、3日間、酷い下痢に見舞われてしまい精神的苦痛と不安を味わいました。
いやー、本当に参りました。
これは久々にヤバイと思ったね。うん。
ここまで酷くなったのはいつぶりだろうか?
微妙に発熱も起こしていました。

このいつも以上の苦しみに負けて病院へ行くことにしました。

いつものかかりつけ医では薬の処方だけで終わってしまうので、今回は別の病院へ行くことにしました。

 

しかし、この病院でも「過敏性位腸症候群であろう」とされました。
そしてまずは血液検査とCT検査を受けることになりました。

血液検査の結果

血液検査の結果は、、、特に異常なし。
とのことでした。

それほど気にすることのない結果になったようです。
結果の用紙を頂きましたが、確かにそれほど問題になるような数値の異常な飛び出しはありませんでした。

あえて言うならば「中性脂肪・血糖値・クレアチニン・尿酸」が若干オーバー気味です。特に中性脂肪がやや高めなので、血がドロドロしているということなのでしょう。

えぇ、まぁそうでしょう。運動してませんし。ほとんど。

クレアチニンとはなんぞや?と思い調べてみましたがなにやら腎臓系の数値らしく、合わせてeGFRの数値もみるようです。
そして私、このeGFRという数値は低めに出ています。
腎臓の機能、弱り気味っぽいです。

でも「特に異常は無いみたい」とドクターに言われたので気にしなくても良いのかな?

 

CT検査の結果

次にCTの検査結果です。
CTの方の検査結果も特に異常は見受けられないとのことでした。
あ、なんだ?以外と大丈夫なのか?私。

 

次回・・・いよいよ・・・。

しかしまぁ、念のため。
今まで私自身が避けて通って来た道。
やりたくないと思う数ある検査のうちの1つ。

大腸内視鏡検査」

・・・・・・どーーーん。

ついにか。
いよいよか。
オカマ掘られるんだな。
きっと痛いんだぜ?
その前にとりあえず下剤だぜ?

あー、憂鬱だ。

でもこの検査をして異常が無いとなれば確実にIBSであるという結論にも至る訳ですし。

覚悟をね、決めるときですね。

 

つづく。

 

 

形と模様を極める大腸腫瘍内視鏡診断学

形と模様を極める大腸腫瘍内視鏡診断学

  • 作者: 高木篤
  • 出版社/メーカー: シービーアール
  • 発売日: 2018/05/10
  • メディア: 単行本
 

 

ふと思い出して行きたくなった

先週だったろうか、先々週だっただろうか。

仕事中に懐かしい思い出がふと蘇ってきた。

 

小学生の頃、母の実家に遊びに行った時。

そこの街のスーパーに買い物について行って食料品のついでにおまけ付きのお菓子を買ってもらうことが楽しみだった。

そのような懐かしさに浸ってしまうと、あの場所へ行きたいと思ってしまいたくなるものだ。

 

そしてなぜか都合のいいことに、昨日。

母が実家に用事があるから行きたいという。

願ってもいないチャンス。
あのスーパーの店内をふらりと歩いてみるチャンス。
行くしかない。

 

母の実家に着いてすぐ。
挨拶もそこそこに「散歩に行ってくる」と言って家を出た。

さぁ、あの思い出の場所へ行こうではないか。

しかし、なにやら様子のおかしい気配を感じ取る。
なんだろうか、この違和感。

お店の前に着いてすぐに理解した。
作業員がお店の中を綺麗にしている。

そう、いつの間にか閉店していたのだ。
閉店していただけではなく、解体の準備が進められているのだ。

いつ閉店したのだろうか。
大手の新規進出のお店が近くに出来てしまってからお客さんを取られてしまったのだろうか?
もともと経営が危なかったのだろうか?

 

思い出の場所がまた1つなくなる。

 

これは寂しいことだ。

 

 

しかし、潰される前にお店の外観だけでも写真に残せたのが唯一の救いだった。
それだけが。

 

 

散歩から帰ってきて親戚のおじさんと久々に話をして、盛り上がった。
楽しいひと時だった。

 

夏の始まりは少し寂しい気分とともに訪れた。

低FODMAP食に関しての本を読んでみたら難しかった。

この本の存在を知ったのは数ヶ月前のことでした。
母親が「この本を読んでみたらどう??」と新聞の広告欄に掲載されていた本のタイトルを切り抜いて持ってきました。

その本のタイトルは
「パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません」
というものでした。

どうもこれらの食品がお腹の不調を抱えている人にとってはよろしくないという内容の本です。
その時は「ふ〜ん」という感じでそこまで興味を示すことはなかったのですが、何故か気になっていたのか、その広告の切り抜きは捨てずにずっととっていました。

そしてここ最近のお腹の不調。
過敏性腸症候群、絶賛大暴れ。
そういえば何か本のタイトルあったぞ!?と思い出しました。
これも一つの参考資料になるかもしれないと思い早速購入しました。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません ―世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません ―世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方

  • 作者: 江田証
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

読んでみた感想

「読みにくいです。」と一言、まずは言わせて頂きたい。
私の理解力が足りていないせいもあるのだろうけれども、いろいろな用語がいっぱい出てきて脳内が混乱してしまいました。
だから結局何をどうすれば良いの!?という疑問が最後に残るくらい内容が頭に入ってきませんでした。
頭に残っているのは、

  • 吸収しやすい糖と吸収されにくい糖があって、吸収されにくい糖が問題になっているというのはわかった。
  • お腹の調子が普通の人とお腹の調子が悪い人とでは摂取すべき食品を変えなければならないということも分かった。
  • 認知行動療法も大事だということも分かった。それは分かってる。

本当にすごくいろいろ、細かいところまで説明がされていて逆に頭に入ってこない。
あと、話の内容が飛び飛びになっている??と感じてしまうような部分(コラムのような内容が挟まれてきている?)や、翻訳本を読んでいるような読みにくさを感じたり・・・。
情報をつなぎ合わせて1冊の本を作り上げたような。。。


大切なことも書いてあるけれどもどうでもいいことも書いてある感が否めないです。
食品の科学的分野が好きな人は読んでいても理解が早いと思います。
カタカナの栄養素の名前とかたくさん出てきます。

要点をまとめたものが欲しい

正直1回読んだだけでは「なんとなく」でしか頭に残らない。
「腸に負担のかかる吸収されにくいタイプの糖質を含む食品は食べないようにしようね」っていうざっくりとしたイメージは出来上がるけれど、「よし!それじゃあその食品は摂取しないようにしよう!」といきなり自分で献立を立てて実行!みたなことにはならない。
その前に、もうちょっと理解させてくれ。。ってなる。

要点だけまとめたレジメが欲しい。
この本、大事なところだけ抽出すれば相当数のページを省けるような気がする。
まぁ本だからコラムがあってもいいし、事細かに書くのもいいのだけれど、実行のターンに移すためにはシンプルにまとまった解説が必要だと思うんだよ。

「読み物としての本」ならいいけれども「実用書としての本」としてはちょっとな・・・。

 

けれど、過敏性腸症候群を治すために、もしこの本が役立つのならばありがいのだよ。
お腹に優しい「低FODMAP食」についてが書かれています。

気になる方はぜひ。頭を抱えながら読んでみてください。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません ―世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません ―世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方

  • 作者: 江田証
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)