人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

ひとやすみ。

いったんやめよう。

 

「オリジナル」のイラストを描くことを。

 

2ヶ月くらい納得するのが描けない。イライラする。上手く描こうとする。やっぱり描けない。
募る不満と自己嫌悪。

いつもの無限ループ。負の連鎖。いつものだ。

 

空想力、発想力、想像力。

それらがほぼ皆無であることをもう十分知ったので。

無理やりそれらを求めることにこだわらなくていい。

楽しくないならやめればいい。

やりたくなったらやればいい。

やりたくないのならやらなければいい。

答えは単純だ。

 

茨の道を歩いて苦しみ続けたのだから、抜け道を探してみるのもいい。

 

楽しくないことを続けられるための理由があった。

その理由はもう壊れたのだ。

遠からず近からずの程よいところで叶ったから。

無理なところに高く飛ぼうとしなくてもよくなったから。

 

やりたいことを、やりたいときに、やれるだけ。

 

休みながら新しい策を講じればいい。

 

毎週何か当たりが続く日常。変調の兆しだろうかと考える。

ここ1ヶ月ほど毎週何か「当たり」の事例が発生している。
これはなにか人生の変調の兆しだろうか?
いい方向へ流れるいい兆しだと思いたい。
人生が好転すれば、私はまだ生きる力が湧いてくるかもしれない。

しかし、数年前と比べると「死にたい」と深く落ち込むことが減ってきたことは喜ばしいことなのかもしれない。
まだ本質的な解決には至っていないだろうけれど。

 

当たりその1:スーパーマーケットの福引で2等が当たった

年に数回、地元のスーパーでは福引が行われている。
まぁいつもハズレだし、全然期待もしていなかったのだけれど、福引のガラガラを回してみると2等が出た。
あら、いい結果が出てしまった。
なんというラッキーだろうか。ちょっとだけお高いぶどうのセットが当たった。
美味しくいただきました。

 

当たりその2:散歩していたら1000円拾った

100円拾った・・・とかじゃなくて1000円だった。
お札が道に落ちていた。
え?どういうこと??
しかもなんでこんなところにお金が落ちているんだ?という普通の住宅街の道で。
お金は大切にしなければならない。
そっと拾って持ち帰って財布に入れた。
しばらく財布の中のお金のお友達と同居させてあげてから、旅立たせてあげました。
仲間を連れて帰ってきてくれるといいなと思いながら。

 

当たりその3:天気が良かったので会社を休んで紅葉狩りに行った

たまには季節感を味わうことをしたいさ。
しかも平日に、のんびりと。

ということで会社を休んでドライブに行った。
山々の木々が色づいていて、天気も良かったし綺麗だった。
写真を撮って楽しんだ。
いい感じに気分がリフレッシュ出来て良かった。

 

当たりその4:運用し始めて間もないWordPressのサイトからお仕事受注した

いや、早すぎないだろうか?
早くても来年にお問い合わせがあればラッキーだろうな。と、やんわりと思っていたのに。
初お問い合わせが初受注に繋がってしまった。
単価は安いけれど、1件の受注という0から1に変わった瞬間だった。
拾った1000円がお友達を数人連れて帰ってきてくれたのだろうか。
ありがとう、ありがとう。

 

当たりその5:駐車場でサイドミラーに当て逃げされた

見事に落ちがつきました。
いい感じですね。
買い物に行ったら駐車場でやられていました。
買い物を済ませて車に戻ってきたら、ミラーが逆方向の角度に曲がっていました。
手で戻したら戻りました。
ミラー開閉のボタンも通常動作しました。
念のためディーラーで相談しましたが動くので問題はなさそうだという判断に至りました。良かった。
小さい傷はもともと付いている中古車なので、まぁ気にするほどのことではないでしょう。

ボディが凹んでなかっただけでも良かった。これがボディだった日には・・・。

 

 

今年も残り一ヶ月半

これしか言うことがない。
「なんと早いことだろうか」と。

毎月1回は必ず言っている。
「今月も早かった」と。

一年も早いはずだ。

一年の経過は早いのに、一般の人たちとの時間軸や空間軸、生活軸のズレみたいなものはふとした瞬間に感じながら生きている。

彼ら、彼女らとは「ちがうところにいる」から仕方がないのだと思うしかない。
自分が異質なものであるということを突きつけられる瞬間でもあるが、実際そうなのだろうから仕方がないのだ。

残りの一ヶ月半、やれることをコツコツと。
できることをコツコツと。

 

 

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

  • 作者: ショーン・エイカー,高橋由紀子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2011/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 103回
 
「幸福学」が明らかにした 幸せな人生を送る子どもの育て方

「幸福学」が明らかにした 幸せな人生を送る子どもの育て方

 

 

Wordpressでの自サイト作りが完了しました。

だいたい一ヶ月半ほどかかりましたね。
素材も作りながらだったので、余計に時間がかかった感じもありますが、無事に1サイトまるっと作り終わりました。

WordPressテーマのおかげというのも大きいです。

長い道のりでした。

でも本当の道のりはこれからです。

このサイトからお仕事の受注が取れるようになったら成功です。

サイト名だったら検索最上位にきますが、サイト名の認知度は0なのでその名称で検索されることはないでしょう。

サイト内にちりばめたキーワードがどれだけ拾われるかってところが肝だと思います。
ブログ形式のコンテンツも定期的に増やしていって検索率のアップも狙わなければいけません。

 

さて、どうなっていくのでしょうか。

 

Contact Form 7からGmailアカウントに受信設定すると、送信者名が「自分」ってなるのが嫌。

続・WordPress奮闘記。

 

今週はお問い合せのページを編集中。
プラグインの「Contact Form 7」をインストールさせて頂きました。
WordPressプラグインとしては有名なんですってね!知りませんでしたわよ!

WordPress自体が不慣れなので、知らなくても当然といえば当然ですが。

 

さて、お問い合せフォームを作ることは割とすぐに出来ました。
スタイルシートも少々手を加えまして微妙な変化をつけました。

 

フォームが完成したので試験送信をしてみました。
送信先はこの仕事用のGmailのアカウントに設定してあります。
しかし届いたメールを見てみると、「なりすましの可能性があります」と注意が表示されたり「迷惑メール」として振り分けられてしまったりとなにやら問題が発生しています。

 

この問題を解決するためには「WP Mail SMTP」というプラグインを使うといいよという文献に行き着いたので、さっそくインストールして利用してみることにしました。
ちょっと進んでいくと壁にぶち当たりました。
プラグインGoogleアカウントに認証させないといけないのですが、Google APIを取得?してね☆みたいな感じです。
プラグインからやり方の解説しているサイトに飛んだら英語だし。
日本語で解説しているサイトが無いかと探したけれど、ちょっと違う手段?使っているみたいだし?

いや、よくわからん。

よくわからんので、素直にプラグインがリンクを貼っている英語サイトを参考にしてやってみることにしました。

英語はね、読めないんだけれどね。
画面のスクショと「ココだよ」っていう矢印が振ってあるのでなんとなくわかる。
そしてなんとなくやれちゃった。
途中やっぱりつまづいた箇所はあったけれど、右往左往しながらゴールには行き着いた。
そして無事にGoogleアカウントとの連携が完了。

 

試しにフォームから試験送信してみました。
すると!!
無事に警告文もなく着信来ました!!!やったぜ!!!

一歩前進。

 

あとは、気になるのはフォームから送信すると、届くメールの送信者名が「自分」になってしまっていること。

「自分」から「自分」に送られている状態。
私は便宜上複数メールアドレスを持っているので、その幾つかから試験送信してみたのだけれども、そのどれもが「自分」ってなる。

 

どういう状態かというとこうなる。

f:id:search_life_work:20181017234705p:plain

例えばGmailをブラウザで見た時に、送信者名のところが「自分」となっている。
このとき、送信したメールアドレスは「自分」とは絶対ならないものを使っている。
例えば山田太郎さんから送ったとしても「自分」と表示されるということだ。
iPhoneGmailのアプリでも同様に「自分」と表示されてしまっている。

 

そしてこの原因となるのは、Contact form 7の設定の中にあるここだと思う。
送信元:[your-name] <wordpress@独自ドメイン>

your-nameは問い合わせた人の名前がちゃんと入ってくるのだけれど、その後ろの<wordpress@独自ドメイン>。この部分は設定上変えるとエラーになるみたいで変えることが出来ない。
そして、送信から受信に至るどこかの地点でGmailの自分のアカウント(アドレス)に置き換わって受信する。
自分のGmailの送信サーバから自分のGmailの受信サーバにくる感じ??

よくわからないけれど。

 

そして、メールソフトは[your-name]を拾って表示してはくれない。
その後ろにくっついてくる「自分のアカウント(アドレス)の名義」を送信者として拾ってくる。
受信したひ人のアドレス=送信した人のアドレス。
つまり「自分」になるのだ。

 

詳細表示でfromのところをみると、そこにはちゃんと送信者の名前が載っているのに。
それを拾って表示させて欲しいのに。
例えば山田太郎さん。

 

 

 

なにか解決策は無いものだろうか???
私もこんな文章で、正直伝わるのかどうかすら危ういと思っているけれど。
どうしようもないことなのだろうか??

 

いやー、もやもやするねー。

教えて頭のいい人!! 

 

WordPressプラグイン100選

WordPressプラグイン100選

  • 作者: 矢津宗一,ギャップジャパン
  • 出版社/メーカー: 株式会社ギャップ・ジャパン
  • 発売日: 2013/06/27
  • メディア: 単行本
 
WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応]

WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応]

  • 作者: 星野邦敏,西川伸一
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2013/01/29
  • メディア: 大型本
 

 

 

Wordpressでのサイト制作もおおよそ出来上がりました

WordPressで自サイトの制作に取り掛かって4週間ほどが経過しました。
最初のつまづきはあったものの、それ以降は順調に制作が進み、だいたい形になりました。
もちろんまだまだ途中の部分もあったり、細かいところまで手を掛けていこうとすると切りがないのですが、そういう粗を気にしなければ90%程度の進捗率です。

 

ときどきこのブログでもボソッとつぶやいていますが、現状月に1本という少ない本数ではありますが、イラストのお仕事を頂けています。
しかし外部のサービスを利用しての受注です。そしてその外部サービスから自サイトへお客さんを引き抜くことは禁止されています。
外部のサイトを使わない方法で直接仕事を得ることができれば、3割程度のサービス利用料を運営会社に持って行かれることがないので、その分制作時間に回せたり、品質をよくしたりということに使えるはずだと思っています。
ですので、直接サイトから仕事の依頼を頂いて、外部サービスからは離脱したいというのが本音です。
もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあるので、絶対に外部サービスがダメかというとそういう訳ではないのですけれど。

 

今、やっと自サイトがなんとなく出来上がってはきました。
しかし、自サイトがどのくらいの人に見てもらえるのか?
検索流入を期待できるのか?
サービス内容そのものが求められているのか?
などなど、気にし始めたら悩んでしまって「あーやっぱりダメなんじゃん?」ってなってしまうと正直辛いです。
ひとまずアナリティクスは導入しました。経過を観察します。

 

うまくいったらラッキー。という心持ちでやっていけたら楽ではあるのですが。
けれど現状を脱出するために、少しでも自力で仕事が頂けるシステムにしていきたい、という思いが長年積もり積もっているのも事実ではあります。

 

サイトを作成するところまではいつもやれていたのです。
本当につまづくのはここから先です。
お客さんがついてくれないのです。
案件的に単発で終わってしまうタイプのものがほとんどでした。
繰り返し発注されるような案件に巡り会えませんでした。
そして人が集まらないというのも根本にあります。
そこで失敗しています。キーワード選定が良くないのでしょうか?
そういう状態が続くので結局モチベーションが下がって自滅を繰り返しています。

 

今度こそ、今度こそ。
そう思いながら倒れています。

今回の今度こそは、どうなることでしょうか?
私にもわかりません。
小さく進んでいくことしかできません。

 

 

実家の状態はあいからわず母が一人で頑張っていることが続いているので、なるべくいろいろと手伝うようにはしています。
その合間をぬってのサイト制作。うまく立ち回れた気がします。
それ以外のことがほとんど手付かずですけれどね。困った。

あと、私自身もなんか疲れ気味なのかダラっとしたい日も多くあったりして。。。困った。

 

「嬉しい、楽しい、よっしゃいけるぜー!」っていう感じになりたいものですね。
あ、でもWordPress、ちょっと慣れたかも。ちょっとだけね。

  

大塚製薬 オロナミンC 120ml 50本入1箱

大塚製薬 オロナミンC 120ml 50本入1箱

  • 出版社/メーカー: 大塚製薬
  • メディア: その他
 
【第3類医薬品】リポビタンゴールドX 50mL×10

【第3類医薬品】リポビタンゴールドX 50mL×10

  • 出版社/メーカー: 大正製薬
  • 発売日: 2015/04/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品