人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

年収150万円程度でも実家暮らしなら何とかなる。生きることに疲れたら実家暮らしも吉。

このお話をする前に一般論である「自立」だとか「甘え」だとかそういう類の「普通」という縛りは横に置いておいて頂きたいと思う。
その「普通」の世界の話は「普通」の世界を生きられない人にとっては苦痛にしかならないからだ。
その人たちにとっては「きみは生きている価値がない」と言いたいだけなのだろうから。そもそも眼中にないだろうけれど。
みんなが同じようなステージで生きられる世界なんていうものは、この世界に存在しない。

 

というわけで、紆余曲折ありながらなんとか生きながらえている私。
現状の私自身の年収は150万円程度の実家暮らしです。
そういう事実をもとにこの記事を書き進めて行ってみようと思います。

 

実家暮らしの利点

生きることが辛くなったとしてもなんとか食いつなぐことだけは出来るということ。
これが最大のメリットだと思う。
「もう死のうか?死んでしまおうか?」と思い悩むことがあったとしても、そこまで至らないギリギリのラインで踏みとどまることが出来る。出来た。今生きているということは。
もし一人暮らしをしていて、誰にも相談できなくて、だれからも援助されることがなければ、独りで静かに幕を閉じるなんていう流れにならなくもない。
再起できる人もいれば、出来ない人もいる。そういうものだ。

だからもし、今、一人暮らしをしていて、本当に途方もない状態になっているのなら、実家の両親が受け入れてくれるような関係性であれば、ゆっくり休養したらいいと思う。死んでしまうくらいの現状ならば、死にそうでも生きながらえる手段として家に帰ることも手段のひとつだ。そうすればまた浮上出来る何かが見つかるかもしれない。
見つかるとも限らないが。

 

「もうダメだ」が「まだなんとかなる」に変わるということ

死にそうな感じになっている時は本当に死にそうになる。
死にそうになってた。全部、全てが嫌だったから。
そう思い込んでいた時の意識が根強く残っているから今でも完全に脱出出来ているわけではないけれども、「もうダメだ」ばかりではなくなっている。
「まだなんとかなる」「まだなんとかなるかもしれない」程度までにはなっている。
「よっしゃー!!やっていけるぜーー!!!ひゃっほーーー!!!」みたなところまでは普段はなれない。よほどテンションが高い時は一過性でなることもあるけれども、冷静になると落ち込む。
でも「とりあえず生きよう」くらいのレベルで生きていけているのでなんとかなっている。今はね。でもこの「今」が大切だと思う。
将来を考える次元を生き始めると辛くなるので、「今」をまずは生きなければいけないのだと思う。

 

実家暮らしにおける両親との関係性

正直実家暮らしとなると抵抗感を感じる人は多そうだ。


世間体とかがその最たるものだと思う。
同年代の人たちはみんな一人暮らしをしていたり、家庭を持ってマイホーム建てたりとかが多いだろう。
そんな中自分は・・・・・。そう考え始めるとキリがない。
また落ち込むよ?落ち込まないようになりたいなら、まずそこは頭らから切り離さないといけない。
自分のプライドは置いておこう。

それよりも実家暮らしをするならば、実家の両親の性格が問題だ。
心の問題を理解していない両親だとするならば、なかなか受け入れてもらえないかもしれない。
世間体を気にする両親の場合でも難しいかもしれない。自立して一人前。そういう家庭の場合は追い出される可能性が高い。
「厳しくすればなんとかなる」と思っているのだろうか?厳しいだけではなんともならないこともある。性格によりけりなので非常に判断が難しい問題ではあるけれども。
厳しくされ続けて生き場を失うことだってある。

私の場合、両親とのわだかまりや、両親に対してなんらかの悪感情を持ちつつも父親自体に精神疾患があったり、私自身が実家にいることには寛容だったりするので、そういう意味では大変助かっている。生きながらえる場所にはなっている。

  

年収150万円の収支の内訳

この記事の本題はこれ。
35歳、パート仕事、実家暮らしの私が どうやってやりくりしているのかということ。
生きていくためにはお金の話は切っても切り離せない話題になる。

パート生活なので収入は少ないものになっている。
年間所得としてはだいたい150万円前後になっている。
一人暮らしだとするならば完全にアウトだろう。どう考えても生きていけない。

<年間支出>
国民年金:約20万円
国民健康保険:約4.2万円
実家に納めるお金:約30万円
生命保険・医療保険:約6万円
市・県民税:約1万円
自動車税:約3.5万円
車の任意保険:約6.5万円
ガソリン代:約10万円
通信費:約10万円
おこずかい:約40万円

ここまでで大体130万円くらい。
しっかりと全部書き出している訳ではないけれど大体こんなかんじ。
まぁ、稼いだ分がちょっと残るか足が出るかという結構ギリギリ。
サラリーマン時代の貯金が多少あるので、それにも手をつけたりとかあるのですが、なるべく使わないようにしています。使ったら戻すようにしています。

 

一人暮らしで家賃や食費、光熱費などとか言い始めたら本当に生きていけない。

 

あきらめなければならないこともある

こういう生活なのであきらめなければならないことはあります。
そもそもこういう性格なのであきらめているのですが、家庭を持つなんてことはありえません。よほど相手の方に余裕がなければ不可能でしょう。
その他、お金の掛かることは基本的には出来ません。
まずは生きながらえるということだけに特化した生活です。

参考になるのかどうかわかりませんが、「今の私」の金銭バランスはざっとこんな感じです。これが今の私の「普通」です。

 

同じような暮らしをしている方のお話も、機会があったら聞いてみたいなと思ったりします。

 

どこかの誰かがこれを見て、死ぬことよりも生きるためにちょっと休もうってなった時に参考になればいいなと思います。

 

 

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • 作者: おづまりこ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: 単行本
 
減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

  • 作者: ?坂勝
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/01/09
  • メディア: 文庫
 

 

もう少しあっけらかんとして生きれたら気持ちも楽になれるのに。

f:id:search_life_work:20170605204401j:plain

いつもそう思うのに、なかなか思うように変えられない。
それが性格というもの。
「もう少しあっけらかんとして生きられたら楽なのに」

小さな小さな問題でも真面目に考え、真面目に捉えて考えすぎて暗くなる。
小さな小さな問題でも過大解釈してイライラを募らせる。

大雑把に分けてこの2パターンになる。
割と問題はどうでもいいことが多い。
「気にしなければ問題ないじゃん?」
本当にそういうレベルのものだと思う。
そしてその問題の発端には必ず「他人」が存在してる。

  • あの人の言動が気になって・・・
  • あの言葉の真意は?本当は違うこと思っているんじゃない?
  • あの言い方はないよな・・・
  • あの人は出来るけれど自分には出来ない

などなど。本当に考えるだけ無駄とも思えるようなことすらある。
しかし、自分で勝手に深く考えて悩むのが得意分野な私なので、考えずにいられないらしい。
それに加えての自己肯定感の低さと劣等感の強さから勝手に比較して勝手に負けるという心の作業をしている。

そういった他人との小さな問題を考えたり重ねていったりしているうちに「他人に気を使う」ことに重点を置くようになり、イコール「自分を隠したり殺したりしている」生き方が定着してしまった。なかなか他人の前で自己表現(発言)が出来ず、控えめになったり合わせたりというようなことをしている。

自分を認められることもないが、問題も起きにくくはなっているはずだった。
もじ自分を否定されることがあっても、意見を曲げて合わせればその場は治まることも多かった。

しかし、偽物の私がそこにいて自分自身を見失う生き方になっていた。
他人との関わり合いが本当に苦手なものになっていた。

自分自身が嘘のままで生きている。

そういう状態なのだ。
独りでいる時間がどれだけ安らぎに満ちていて、どれだけ楽なことか。

自分のゾーンにいる時だけが自分を出せて、自分がくつろげる。

狭い世界だ。
世界が広がらない。何も人生が変わらない。

自分を出した上でちゃんと人と対峙できる状態。
たとえ意見が折り合わなくても折り合わないこと自体を問題にしない状態。

そんな自分になれたらいいのになと思う。
このブログを書くようになってある程度自分自身も見えてきているので「なれたらいいな」「変わりたいな」はある。
この記事もその1つ。
だけれどもまだ変われていない。
悩んでいるから変われていない。
悩まなくなった時が解決したとき。

 

昔はこういう自分もあったな、と、そう思えるようになれたら楽だろうな。
「いちいちそんなこと気にしても無駄だよ」って、もっと自分に言い聞かせながら生きていこう。

  

まんがでわかる自律神経の整え方 「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法

まんがでわかる自律神経の整え方 「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法

 

 

なぜ空調を大切にしない会社が世の中にあるのだろうか?

ここ数日間、5月だというのに夏のような蒸し暑さの日が続いていた。
今日は晴れているが風が涼しく過ごしやすい。
そう、これが平常運転。5月らしさがある。気持ちがいい。

 

しかし5月だというのにこのような蒸し暑日が数日間と言えども続くのは、いささかお肌の不快指数が上がってしまう。
いや、心の不快指数が上がってしまう。

蒸し暑いというだけで仕事に対する集中力ですら下がってしまう。

 

空調の重要性

世の中には空調を大切にしない会社が多い。
蒸し暑い中で仕事がはかどるだろうか?「心頭を滅却すれば・・・」なんて古いことを言っていたりするのだろうか?

世は温暖化現象に飲み込まれている。
毎年のように夏が暑くなっていっている。

子供の頃は夏でも涼しい日や過ごしやすい日や時間帯によっては快適なときもあった。
それが今の時代ほとんど感じられないような気がする。

 

そんな蒸し暑い環境の中、仕事ができるだろうか?
いや、できない。

 

私が今勤めている会社では空調は重要視されている。
ここ数日の蒸し暑い日にはエアコンが稼働していた。
なんとありがたいことだろうか。
快適に仕事ができて眠くなった(冗談)。
蒸し暑さにイライラすることなく仕事が出来るというのは精神的に落ち着く。

 

空調を整えるのに縛りがないというのは本当に良いことだなと思った。

 

空調を整えるのに縛りのある会社がある

エアコンを稼働させるための独自ルールが存在している会社がある。
年配の方が管理職をされてみえたり、お局様がいらっしゃる会社で特に顕著なイメージが強い。

  • 室内温度が30度を超えたらエアコンを使っていい。
  • 7月に入るまではエアコンを使ってはいけない。

などのルールが存在している会社だ。
全く困ったものである。
気温が高くないとエアコンを使ってはいけないというのはナンセンスだ。
◯月に入らないとエアコンを使ってはいけないとするのはもっとナンセンスだ。

気温や気候なんていうのは毎年微妙に違っているものなのに、毎年同じ時期からしか使用を認めないなんていうのは頭が硬い。全く柔軟性がない。

気温ばかりに目を向けている会社では湿度を全く無視している。
ただ暑いだけなら乗り切れることもあるだろうけれど、体にまとわりついてくる蒸し蒸しとしたあの感じは非常に不快だ。

蒸し暑い中で仕事をしている工場作業員さんたちは本当に苦労されてみえると思う。
そんな中で作られた製品を私たちは使っているのかもしれないと思うと、頭が上がらない。

 

電気代は大切にするが人を大切にしていない

ある程度の規模の会社になり、人数も抱えてしまうと経営者側としては気になってしまうのが電気代だ。
フロア面積が広いほど、空調にかかるお金も大きくなる。
経費削減がスローガンのように掲げられている昨今、大切なのは人間にかかるストレスを減らすことよりも電気代だ。 

エアコンを使わないに越したことはない。その分お金が浮くからね。
だけど人の心を殺しているんです。
その会社に快適さは存在していない。
人が我慢して、忍耐の上に成り立っているだけ。
苦しいですね。

 

かといって、むやみやたらとエアコンを使うという人も中にはいるというもの。
そういう人に対しての抑止力としてのルールは大切なのかもしれません。
人が不快に感じる気温や湿度も千差万別。
ある人は我慢できても、ある人には我慢できない。
そんなことも多々あると思います。
人数が多くなればなるほど、適正なタイミングを測ることは至難の技になってきます。

そのあたりは会社ごとにうまく決めれるといいですよね。
(それがなかなか難しいのだろうけれど。小さい会社の方が縛りがなくて楽かもしれません。) 

 

かくいう私も自室のエアコン使用のルールを決めていた

実は私もルールを作っていた一人。
それは会社ではなく、自分の部屋で。

毎年このくらいの時期から使うから、今年もそれまでは使わない!とか、この温度を超えたら使うことにする!とか縛りを作っていました。

会社では自分の意見を言えない私なので、会社で私がルールになることはありませんが、自分の部屋では私がルールです。

真面目なので自分の部屋でもルールを決めていました。
ですがそういう生き方も苦しいなとある時から思うようになり、 

体や心が不快に感じたらエアコンを使ってもいいんだよ

という意識改善をしていくことに決めました。
だってその方が自由だし、気持ちがいい。
無理をして我慢をして得られるものは何もない。
そこを切り詰めるほどに生活は圧迫されていない。

だったらいいじゃん?使えば?

そういうことです。

快適って幸せ。

 

 

夏の夜は蚊とムカデに怯えながら睡眠。その現実にさようならをするために。

よく今まで自分でも我慢してきたなと思います。


夏の夜の悩み事というと一番は「蚊」ですよね。
ただでさえ蒸し暑いのに刺されては痒くなり、痒くなっては目を覚まし。
耳元でプーーーンと蚊のささやきが聞こえて来れば飛び起きて虫除けスプレー。
なかなか安心して寝られません。
ノーマットやベープなどを初めから付けて寝れば良いのですが、部屋にいるのかいないのか分からない蚊に対していつも付けている・・・というのも・・ね。
事前に分かれば絶対に付けて寝るのですが。

 

そして二番目。二番目は危険度高です。でも遭遇率は低いです。
遭遇率は低いけれども出てきてしまったら最悪です。

それはムカデ。
今のところ、ありがたいことに寝ている時にはムカデが出てきたことはありません。
寝ていない時なら毎年何回か部屋に出現します。

もしこれが寝ている時だったらどうしよう・・・。
そんな悩みを抱えながら長年自分の部屋で過ごしてきました。

毒はないけれど噛まれると痛い。
そんなムカデです。噛まれたことないですけれど。
見た目もおぞましい感じがして見たくもありません。
あの黒光りしたボディ。赤色やオレンジ色をしている無数の足。
想像しただけでぞわぞわします。

 

そんな危険と隣り合わせの夏の夜。
私は安眠を手に入れたい。

そこで秘密兵器を導入しました。
これで私は快眠できるはず!!!!!
そんな希望を胸に秘めています。

 

蚊帳を買ったよ!!!

私は蚊帳を買いました。
去年の夏も買うかどうしようか迷っていた気がします。
迷っている間に夏が終わってしまいました。
今年の私は一味違います。
夏が始まる前に買いました!!

夏が始まる前・・・とは言いつつも、まだ五月の中旬だというのにこのジトジトした湿度と高い気温。もう6月の後半くらいを思わせてくれます。
夏が1ヶ月前倒しで迫ってきている感じです。
このジメジメはムカデが好きなやつです。

購入した蚊帳はこちらです。 

 とってもリーズナブルです。お値段3000円ほど。
蚊帳を買おうと色々な商品を見ていると、どうしても大きなサイズばかりがならんでいます。
それも床置きで吊るすようなタイプのものです。
もしくはダブルベッドサイズのものです。独身の私には必要ありません。

 

  • ベッドで使いたい
  • シングルサイズがいい

という私の望みに叶う商品はなかなか現れませんでした。
しかしそのどちらも叶えてくれる蚊帳があったのです。 

やっと見つけた!君に決めた!というやつです。

 

商品が手元に届き早速広げてサイズ確認しました。
横幅100センチのシングルベッドのサイズ。ジャストフィットです。
長さも十分に足りています。
高さも程よい感じです。これ以上高くしてしまうと室内に置いて使うという性質上邪魔なような気もします。ベッドの高さも加算されますし。

よし、これはいい感じだぞ。
夏の夜と対峙出来るぞ!!

 

若干不便なところもある

気になる点も2つほど。
蚊帳の性質上なので、品質上ではありません。
品質上で1つ上げるなら縫い目がちょっと荒いところがあるかな?と感じますがその分お値段がお安いのでそこまで求めてはいけないと思っています。

さて、この蚊帳。広げるのはものすごく簡単です。
パッと広がります。
しかしこの手の商品は仕舞うのに一苦労なのです。
フレームが形状記憶のようなワイヤーです。バネみたいな感じかな?
蚊帳以外にもこういうタイプの商品に出会ったことがあるのですが、コツを掴まないと折りたたむのに四苦八苦です。
実際私もこの蚊帳を折りたたむのに悩みました。
結局動画をYoutubeで見ながら真似して片付けました。

購入する前から「あー、こういうタイプの商品は仕舞うのが・・・な」と分かっていて買いました。

もう1つの気になる点はスマホが蚊帳の外ということです。
私、枕元にスマホを充電しながら置いて寝ています。
毎朝スマホのアラームで起床するんですよ。
スマホの置いてある枕元の台は蚊帳の外なんです。
スマホを蚊帳の中に持ち込むしか方法がありません。
しかし今度はケーブルが届かなくて充電ができなくなります。
延長コード、買うかな?
そんな感じです。

 

まずは今年の夏。
実際蚊帳を使ってみて、その感じを体験したいと思います。

 

 

東ハト、ハーベストの深煎りコーヒー味が想像以上に美味しかった

たまたま見つけたんだけれどハーベストの深煎りコーヒー味という商品がお店に置いてあった。
ハーベストに深煎りコーヒー味??
知らなかった。こんな味のハーベストが発売されていたなんて。

コーヒー味って好きなので、気になって買ってみた。
ハーベストとは言わずもがな、あの薄いビスケットの商品です。
バター味が定番です。
4枚ずつ個包装されているので、ちょっとおつまみに・・・に最適です。
時々無性にたべたくなるお気に入りのお菓子のうちの一つです。

そのハーベストにコーヒー味。
買って帰って早速食べてみました。
袋を開けるとコーヒの香りが漂ってきました。
んーーーいい香りがする!!
食べる前から間違いなく美味しいやつじゃんという感覚が過ぎります。
食べてみたらやっぱり美味しいやつでした。

コーヒーのお供にコーヒー味のハーベスト・・・だと取り合わせがつまらないので、お紅茶で(笑、とか。
いや、お供とかじゃなくてメインでハーベスト楽しみますよ。
おいしいですもん。

コーヒー味も買いましたけれど、定番のバター味も買いましたのでそれも美味しく頂きました。
コーヒー味のハーベスト、調べてみたら去年(2017年)の9月に発売されたんですね。
全然知りませんでした。

お菓子の話題が出来て、今日も私は平和です。

 

東ハト ハーベスト深煎りコーヒー 100g×12袋

東ハト ハーベスト深煎りコーヒー 100g×12袋

  • 出版社/メーカー: 東ハト
  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: 食品&飲料
 

 

いつものバター味

東ハト ハーベストバタートースト 8包(100g)×12袋

東ハト ハーベストバタートースト 8包(100g)×12袋

  • 出版社/メーカー: 東ハト
  • メディア: 食品&飲料