読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

脱。自分嫌い。

生き方 自分のこと 自信の付け方・持ち方・育て方

f:id:search_life_work:20161101201304j:plain

絶賛自分でも挑戦中の人生のテーマ「脱。自分嫌い。
もしかすると自分にとっては永遠のテーマになってしまうかもしれないです。
でも、せっかく生きているのだから人生を楽しみたい!ってなりますよね?
思えているなら少しだけ前向きになれている証拠かもしれません。
そして人生を楽しむためには自分を卑下して痛めつけてばかりいる「思考の癖」を変えてあげたほうがいい。

 

自分嫌いになったのはいつから?

私はいつから自分を嫌いになったのでしょうか?
ことの始まりは高校生の頃、勉強についていけなくなって学校が楽しく無くなってしまったのが始まりなのかもしれません。
そこから「⚪︎⚪︎が出来ない自分はダメ!」「⚪︎⚪︎になれていない自分はダメ!」という、「あれもダメこれもダメ現象」が現れたのだと思います。
もうかれこれ10年以上。きっと15年くらい。
ずっと、本当に長い間自分が嫌いでした。(あえて”でした”と表現します)


学校の勉強が出来ない自分。
人付き合いがうまくいかない自分。
仕事が長く続けられない自分。
飽きっぽい性格の自分。
イライラして不満ばかり吐き出している自分。

 

常に”そう”であったわけでもないのだろうけれども、そればかりが目についてしまって「こんなに自分は最低なやつ」なんだ。
ということばかり脳内再生して自分を痛めつけていました。
「それでもいいじゃん」とか「それも人生だよね」って受け入れることが出来なくて、自分の特徴を受け入れることよりも、周りと比較して「自分はこんなにダメなやつ」というレッテルを貼ってしまいました。


結果、人生がうまく行っているのか?
行っている訳がないですよね。
不満ばかりなんですもの。
マイナス思考ばかりなんですもの。
好転するはずもありません。

でした。

 

 

気持ちの持ちようを変えたら少しずつ良いことが起き始めた

ですが、2016年。
確かに良くないことも起こるには起こっていたのですが、「あ、これはちょっといいことかもしれないな」とか「こういう自分でも悪くないな」とか「この先はわからないけれど、やってみたらちょっと楽しかった」というような現象が僅かずつですが起き始めました。

理由はわからないのですが、なぜだかちょっとだけ良いことが起き始めました。

 

でも変化させてみたということが1つだけあります。
変化をつけたことは何かというと、ほんの少しだけ「気の持ちよう」を変えてみたのです。
きっかけは読書でした。
何冊か読みあさっていました。
こんな考え方もあるのか。こんな風に生きれたらきっと楽しい。
とかね。
そういうフレーズを少しずつ頭の中に入れていくようにしました。
でもバカなので、少し経つと忘れてしまいます(笑
そうするとまたマイナス思考に落ち始めるので、また本を読み返します。


過去の自分なら「そんなの無理だ」って言って「読んだ→わかった→終わり」のサイクルだったのですが、今回は「読んだ→わかった→やってみよう」のサイクルに少し乗ることができたのです。

 

何故乗れたのかもわかりません。
既に少しずつ何かが変わってきている状況だったから飲み込めたのかもしれません。
完全などん底に居るときは、何を見ても、何をやっても、全然気乗りすることが出来ないのですが、今はそうでもないみたいです。

 

何をやってもダメだと思ってしまう自分から、出来ないこともあるかもしれないけれど、それはそれで仕方ないよね。やってるうちに出来るようになってくるかもしれないし、ボチボチやったらいいんじゃないかな?
っていう少し”間の抜けた”感じに気持ちを持ってくることが出来ているみたいです。


「絶対こうあるべきだ」「こうならないといけないんだ」「間違えてはいけない」
というような色々な事柄に対して面と向かってぶつかって受け止めて凹んだり挫けたりを繰り返してばかりだったので、少しでも”受け流す”ことが出来るように変化している自分がいることに正直驚きを隠せません。
こんな自分もいたのかって。


人からよく言われます。「◯◯さんって完璧主義だよね?」「責任感強いよね」って。
自分ではそんな風に思えなくて良い加減な人間だとばかり思っていました。
自分自身に「もっとしっかりしなきゃ」とばかり言い聞かせていました。
ですので、知人から言われたその言葉を受け入れることすら出来なかったのですが、もし自分が完璧主義の人間だったのならば、ちょっと辞めてみたら楽になりそう。

 

そんな感じなんです。
もちろん完璧を求めなくてはいけない仕事の種類の時はあるので、その時だけ完璧を目指して、他のどうでも良い時は70点くらいでも良いかもしれない。って。

 

 

なんだかんだ、いい1日だったと思いたい

もしこの先、この取り組みがうまく行って、自分嫌いが自分好きに変われて、自分に自信が持てるようになったら、きっと人生が変わっていくような気がします。


今日も良いことありそう!
って朝起きたときに思えるようになりたいものです。

 

そしたらそんな毎日、幸せでしかないですよね。

 

そして寝るときも今日はいい1日だった!おやすみ!
って終わりたいですよね。

 

 

 

(リライト1)

 

 

ゆるんだ人からうまくいく。 意識全開ルン・ルの法則

ゆるんだ人からうまくいく。 意識全開ルン・ルの法則

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする