読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

毎朝本当につらい。朝が弱い。その否定的なイメージを覆す訓練でもしてみようじゃないか。

f:id:search_life_work:20170219170322j:plain

 

私は朝が弱い。

 

「起きることができない」という意味だけの「朝が弱い」ではない。

起きることだけなら携帯のアラームで起きることが出来る。

 

しかし、目覚めが本当に悪い。

ものすごくマイナスなイメージというか、どんよりとした気分で朝が始まる。

「キレイすっきり今日も爽快!!」なんていう日は殆どない。

大抵は「あー、気分重い。仕事だるい。動きたくない。寝ていたい」だ。

 

重たい体を動かしながらベッドから出て朝食に向かう。

実家暮らしの嬉しいところは、朝ごはんが準備されているところだろう。

これが一人暮らしだったならば、多分朝食は食べない。

もしくは、仕事に行きがてらコンビニで何か。。。という感じだろう。

私にとって食事というものは「愉しむもの」ではなく「ただのエネルギー補給」に過ぎないらしい。

 

さて、朝ごはんをのんびり食べる私。

頭はぼーっとしている。とりあえず詰め込む。でもゆっくりと。

そしてここからが私の戦いだ。

だいたい毎朝3回。

トイレに行く。

大きい方の用を足しに。

過敏性腸症候群だと自分勝手に診断しているアレである。

このブログにも何回か書いている記憶があるけれど、また書きたくなったので書いてみる。

このトレイ事情は長年の付き合いなので、ある意味仕方ないのだけれども、改善されたらきっと世界が変わる。

朝の世界が変わる。

1つの戦いから解放されるような清々しい気持ちになるはずだと思っている。

 

そして出勤する。

出勤すればスイッチが入るので、元気にテキパキと仕事をこなし始める。

180°性格が変わるとまでは言わないが、90°くらい性格が変わるかもしれない。

ここまでくれば通常営業なのである。

 

さて、朝を辛いと感じている私。

  • 寝起きが最悪。目覚めも悪いし気持ちも思い。
  • とにかく腸の具合が超悪い。

ダブルパンチで重苦しい。

 

そんな私の気持ちを救ってほしい。

いや、自分で救うしかないのだけれど。

 

朝はそういうものだと受け入れることから始めることにした

いやだ、いやだと思っているだけ。

今日も最悪だと感じているだけ。

その繰り返し。何年もの繰り返しの染み付いた思考の癖。

「いやだ」「この体は最悪だ」という負の感情の癖。

それが余計に朝の自分を不幸にさせている。

まずはこの思考の癖にストップをかけないといけない。

あれ?前にもこんなこと書いていたっけ?

意識は繰り返さないと忘れるからね。

忘れてしまえば出来なくなってしまうからね。

思い出して、忘れて、を繰り返して。良い癖を身につけたいものだね。

 

だからこう思うことから始めてみようと思う。

「朝、寝起きが悪いのは自分の”普通”のことであって”最悪”ではない」ということ。

他のサイトでの記述によると、「朝はそういう脳の状態」になっているそうだ。

だから「朝、目覚めが悪くて気分が重い」という状態なのも「ある意味普通である」ということらしい。

だから「朝、自分が寝起きが悪いことを特に落ち込んだり責めたりする必要はない」ということ。

「すっきり起きれない自分を責める必要はない」ということ。

 

そういう自分への許しは大切らしい。

まずはそこから。

 

あとは、「寝起きに良いもの」も何か探したいな。

そしたら何かスイッチ入って元気になれるとか。

欲張りすぎると出来なくなるので、小さいことから挑戦するよ。

 

オレンジジュースとか、レモン水とか良さそうかな??

 

 

ちなみに、過敏性腸症候群は寝起きの問題だけじゃ解決できないだろうと思うので、色々と複合的に解決されて、最後に治るものなのかもしれません。

(体力面とか自尊心とか自律心とかそういうものね)

 

 

 

今日の締めの言葉

明日の朝も寝起きは最悪だろうけれども、それが普通なのだと受け入れる。

 

 

 

 

明日はきっといい日になる

明日はきっといい日になる

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: WM Japan
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: MP3 ダウンロード