人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

一ヶ月半くらい歯が痛くてさ。

ことの始まりは4月の終わり。
GWに差し掛かろうかという頃でした。

私は仕事から帰ってきて、軽くお腹を満たすためにフルーツグラノーラを食べていました。
グラノーラ、美味しいですからね。

いつものように食べていたら、突然「ゴリッ」っという音と共に激しい歯の痛みに見舞われました。
暫くの間ずっとズキズキとしていました。

歯、折れたか??

まさかグラノーラを食べて歯が折れてしまうなんて、もうおじいさんじゃないか…。
そこまで体が弱ってしまったのか。などと妄想を巡らせ気分はどん底

恐る恐る鏡をのぞき込む私。

「あ、良かった。歯は折れていない!」

これで折れていたら本当にショックだったことでしょう。
しかし歯茎は腫れてしまっていました。
あれだけの激痛が走ったのです。何かしらの損傷は受けていることでしょう。

 

とりあえず、2,3日様子を見ることにした私。
日にち薬かもしれないからね。
そして2,3日後には継続的な痛みからは解放されていました。

これで治ったのかな?と思いきや。
硬いものを食べたり、咀嚼するとやっぱり痛みが走ります。
一時的ではあるのですが。

 

2週間ほど様子を見ていましたが、完治することがなかったので歯医者に行くことにしました。
2年ぶりの歯医者です。こんにちは。

 

歯医者で問題の歯の様子を見てもらったのですが、特に歯そのものには異常がないとのこと。
じゃあこの痛みはどこから??

噛み合わせが問題なのかもしれないということで、僅かに削ってもらったりなどの処置をしてもらいました。

 

それからかれこれ1か月くらい毎週歯医者に通っています。
レーザーを当てて炎症を抑えてもらったりしていますが、やっぱり咀嚼時には痛みが走ってしまい、ご飯も美味しく食べることが出来ませんでした。

原因不明。

 

その間、別の個所に虫歯が見つかり治してもらったりしました。

 

 

そして今日。
予約していた時間にまた歯医者を訪れました。
今週も痛みがあったり、歯ぐきから血が出たり、なにか小間さりやすかったりしましたというような趣旨の意見具申をしました。

しかし問題の歯そのものは特に問題がないというような見解でした。
腑に落ちない私。
痛みを取り除いてほしいのに、毎週このような感じでは治らないのではないかという不安すら出てきます。

歯の清掃をしてもらっている最中、問題のあった歯の隣の歯に虫歯があることが発覚しました。

見つけにくい感じだったらしく「こんなところに!?」という感じでした。
しかも奥深くまで進行していたようです。

早速治療をして頂きました。
うん、流石に痛かった。先日の虫歯よりも酷い状態だったのだろうなというのが痛みで感じられました。

そしてボソッと、もしかしたらものが小間さったと感じたのはこの歯の隙間に入ったせいかもしれないですね、というようなお話もありました。

 

治療が終わり帰宅。
晩御飯のとき、恐る恐るいつもの痛みを感じる辺りの咀嚼してみる私。
「い、痛くない。治った。」

 

・・・原因は、今日治した虫歯か。。。。。

 

原因も分かったし、歯も治ったしスッキリ!!

出来ることならもっと早くこの虫歯を見つけて頂きたかった。
でも治してもらえたので良かった。

 

1つストレスから解放された安堵感に包まれました。

これでごはんが美味しく食べられる!

 

 

歯は、大切にしましょうね。