人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

疲れているときや悩んでいるときは、ついつい長風呂をしてしまう

f:id:search_life_work:20161124142125j:plain

シャワーよりもお風呂が好きなかたつむりです。
あったかいお湯に浸かっていると幸せを感じます。

 

時間がなくて急いでいるとき、「今日は早めにお風呂を出よう!」と決めて入浴に挑んでも結果として「あちゃー、結局今日も30分くらい入っていたわー。」となってしまいます。

 

そうなのです。
基本的に私は入浴時間が30分越えなのです。
世の中には10分前後でお風呂が終わってしまう方もいらっしゃいますが、そういう方はお湯に長く浸かってないですよね?きっと。
私も子供の頃はお風呂があまり好きではなく、確かに10分前後で出てきていました。
子供の頃は体温が高いというのもあって、熱いお湯にじっと浸かっているということが我慢できないのですよね。

 

そして大人になった今。
お風呂をじっくり味わえているというその楽しみ。
幸せなことです。
基礎体温低いからなのかな??(笑


そんなお風呂好きの私ですが、疲れていたり悩んでいたりするときには「いつも以上」に長風呂になってしまいます。
長いときで1時間半から2時間くらい。

 

そんなにお風呂の中で何やってるの!?

 

と聞かれてしまうかもしれませんが、頭の中が回転しています。
悩んだり、考えたり、ぼーっとしたりを繰り返しています。
ストレス解消にお風呂に浸かっているはずなのに、いろいろ考えてしまうものですから一向に疲れは取れなさそうな入浴です。


でも時々いいアイデアなんかも浮かんでくることがありますので、そういうときはラッキーです。

 

よく「トイレで考え事をする」という方がみえるという話を聞きますが、私の場合は「お風呂で考え事をする」ということなのでしょうね。

 

下手をしたら湯あたりをしてしまったり倒れてしまったりしそうな感じですが、私の場合、長考するときのお湯の温度は若干ぬるめです。

 

熱いお湯だと逆に神経が刺激されて我慢できなくなってしまうので、いつもと同じ時間ぐらいしか入っていません。
「体が気持ち良く感じる」というまどろみの中にいるような感じの水温が、長考にもってこいらしいのです。

 

お風呂の中で頭を使っているので、お風呂から出てもなんだかもやもやが続いてしまっていたりして。
そういうときは完全にストレスにやられている時なんだなと思います。

 

頭の中で「あーでもない、こーでもない、じゃぁこれは。あ、でも違うか。」というのが繰り返されています。
人生悩んだり、考えたりの繰り返しです。
これも生きているからこそなのだろうなと思います。


お風呂で「生きている実感」を味わえている。
そういう捉え方も出来るかもしれませんね。


んー、でも出来ればお風呂は気持ち良く入りたいな。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする