人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

レギンススタイルでの仕事はアリなのかナシなのか!?

パートで働いている女性の主婦の方に質問があります。
私服可の職場での服装で「レギンススタイル」での仕事はアリですか?それともナシですか?

 

もしこの記事を読まれた方で、「回答してもいいよ」という方はコメント欄に回答を残してもらえると嬉しいです。
参考にさせて頂きたいと思います。

 

さて、なぜこのような質問をさせて頂くことになったのか。
というのにも訳がありまして。
ウチの会社は服装は自由で私服可なのですよね。
私服にしても、ものづくり系の会社ですので動きやすい服装が好ましいとされる会社だと思います。
男性従業員は少ないですが数名います。
残りはほとんど主婦のパートの方々です。
そのうちの若干名ですが、レギンススタイルで仕事に来られる方がみえます。

 

スポーツ系のファッションとしてレギンスは地位を確立していますので「動きやすい」ということを念頭に置けばその判断は間違いないことでしょう。


ですが、レギンスです。
体にぴったりフィットしています。
ボディラインがしっかり見えてしまう訳です。

 

何が言いたいのかというと、「お尻のラインがくっきり見えてしまっている」訳なんですね。
しかもお尻の形だけならまだしも割れ目に食い込んでしまっているので、見たくなくても見てしまうのが男の性とでもいいますか。
せめてもうちょっとお尻だけでも隠してくれたら目も行かなくなるのでいいのですが、強調されすぎたお尻は困ります。
もちろん隠して来る方もみえます。
そういう方は「ちゃんとわきまえてるんだな」って勝手に解釈しています。

 

しかし、堂々とお尻の形が分かるようなものを着て、いやもう「見てください」と言わんばかりのそれ。
服装を注意すると、逆に何か言われてしまいそうで注意することも出来ず。
異性からの注意は何かとデリケートな問題に発展しそうでむず痒い。


個人的な意見としては、仕事でレギンスはやめてほしいな、と感じます。
私が真面目すぎるだけなのか。
女性を意識しすぎているだけなのか。


そのあたり、どうなのでしょうね?
ジーンズとか綿パンがオーソドックスな気もするのですけれども。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする