人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

懲りずにYYCを時々眺めています

女性不審である私。

まずはお話出来る女性と知り合いになることから始めたいという思惑から出会い系アプリに手を出してみて数ヶ月。

使っているアプリはYYCオンリー。

メールを送信しても業者の女の子からしか返信が来ないので、「もうこのアプリ無理なんじゃね?」と、思いながらも無料ポイント回収の為にログインだけはちょくちょくしています。
忘れることもありますけれど。


今日は「初回のメール送信のみ無料」というサービスデー?だったようで、アプリから通知が来ていたので、試しに乗っかってみることにしました。

女の子のプロフィールを軽く目を通して業者っぽさのなさそうな子に送信。
統計取りやすいように10人にメールを送ってみました。

そのうち3人の女性から返信が来ました。

1人目。
「ホテル代別で2万で」という内容のメールが帰ってきました。
はい、さようなら。

 

2人目。
「会えますか」
クエスチョンマークすらついていない。
そしていきなりの会えますか?という返答。
はい、会えません。

 

3人目。
「今から会いますか」
こちらもクエスチョンマークすらつけてこない。

全部だめパターンじゃない?

逆に返信の来なかった残り7人の女の子はもしかすると普通の女の子なのかもしれない。
そう考えると、少しずつプロフィールから見極めれるようになってきたのだろうか?

 

 

他のアプリもやってみて複数から攻めるのもアリだとは思うのだけれども、こういうことには億劫になるというかめんどくさがりの性格が出て来てしまって、なかなか踏み切れないでいます。

もっとスピード感が大事なのよ!!
ってなんだか仕事しているみたいですね(笑