読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

自分の心がリフレッシュできることの1つに「温泉」がヒットした件

自分の気持ちが前向きになって元気になれるようなこと、リフレッシュできるようなことを探している最中ですが、その中の1つに「温泉」が仲間入りしました。

どうやら私は温泉に入るととても気分が良くなるらしい。
そして体調も良くなった気になるらしい。

温泉が好き、お風呂が好き。
ということは結構前から気づいてはいたのだけれども、気づいていたのに自分をそこに連れていってあげることが出来ていなかった。
自分自身を満たしてあげることを怠っていた。
移動する時間、車を運転すること。それをめんどくさいと思ってしまって行くことをしてあげていなかった。
結果、自分自身をリラックスさせる方法から除外されてしまっていて、心のデトックスをしてあげられなかった。
ということなのでしょう。

 

たまには自分自身を温泉に連れていってあげないといけないね!

そして私が温泉が好きな理由をちょっと書き出してみました。

1:温泉の泉質が好き

温泉の泉質にも色々ありますよね。効果効能もそれぞれの温泉によって特色があります。
その違いが楽しいんですよね。違うからこそ楽しい。
無色透明なお湯もあれば、濁っているお湯もある。肌がスベスベになるお湯もある。
体験できるのが本当に楽しい。

 

2:露天風呂が好き

温泉と言ったら露天風呂
もうこれは絶対外せないです。露天風呂じゃなきゃ温泉じゃない!と言ってもいいくらい露天が欲しいです。
だって、外の景色を見ながら温泉に入れるって本当に幸せなことじゃないですか。
お湯につかりながら自然を楽しむ。
自分も裸なので解放感があるし。
すーごいのんびり出来ます。あの時間をずっと味わっていたいくらい。
ついつい長風呂をしてしまいます。
湯あたりには気を付けないといけないので、時々体を冷やしてあげたりしながらなるべく長時間楽しめるようにしています。

 

3:温泉の温度が好き

あっついのやら冷たいのやらありますよね。
ぬるいのもありますし。
それも特色があって面白いなって思います。
そして冷たいのと熱いのと両方あると尚更いいです。

交互に入れば何回でも温泉を楽しめる気がしますし、何より熱いのと冷たいのを繰り返すことによって自律神経が鍛えられそうです。

自律神経失調症っぽい私にとってはすごく好都合です。

 

4:温泉の色々なお風呂が好き

温泉施設って、かなりの割合でお風呂の種類を用意してくれていると思うんです。
温泉風呂、泡風呂、薬草風呂、冷たいお風呂、岩風呂、サウナ、などなど。

サウナに関しては私は全然興味ないのでスルーですが、お風呂と名の付くところは一応一通り入って試してみたいなって思います。
体がほてり過ぎちゃって入れないときは断念しますが、なるべく沢山体験してみたいなって思います。

そういうのも温泉の楽しさの1つです。

 

5:温泉の香りが好き

あの香りは家では絶対に味わえません。
温泉独特の香り。うん、確かにちょっと硫黄の匂いは臭いなって思う時もあるんですけれども、それすら「あー温泉に来てるわー」っていう実感が味わえるので趣きがあります。

 

 

しかしやはり一番ネックなのは「疲れていると移動すること自体が億劫になって出かけることが出来なくなる」ということでしょうか。

真正の引きこもり体質ですね。

でもストレス発散には温泉の効果は絶大だなということを感じました。
疲れ切っちゃう前に行くのも1つの手だなってことにして、温泉、また行きたいです。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする