読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

夏は男もTバック!!この爽快感は病みつきになるよ!!Tバックを穿き始めて3ヶ月経った今。

私がTバックに興味を持ち始めて早くも3ヶ月が絶ちました。

ごきげんよう。Tバック男爵です。

Tバックを履くことにこんなにのめり込むことになるとは思いもしませんでした。
一年穿き続けたら伯爵くらいになれるかもしれません。
(いや、その前に子爵という階級もあるらしいぞ。)

 

男のTバックをあんまり聞かないので、試しに自分で穿いてみて実験してみた

search-life-work.hatenablog.com

 

 一ヶ月間Tバックを穿いてみて思ったこと。

search-life-work.hatenablog.com

 

さて夏も真っ盛り。Tバックを穿き始めて3ヶ月経つ頃が夏というのも何かの縁でしょう。
ここでTバックと夏の相性について書いてみたいと思います。
結論からお話しましょう。
Tバックは夏を快適に過ごせるとても素晴らしいアイテム!」であると。
何と言っても通気性の良さが他の下着とは格段に違います。
トランクスやボクサーパンツだと、どうしても生地の面積が広くて肌に密着する部分が広いですよね?
それがTバックだと生地面積が狭いので肌に密着しないのでくっつかない!
これだけで肌ストレスが減ります。
特に、トイレで下着を降ろす時にトランクスやボクサーパンツだとどうしても気持ち悪い密着感を味わうことになりますが、Tバックだと気持ちのいいくらいあっさり脱げます。
なにこのストレスフリーな感じ。
めっちゃ楽やんか!
こんなに快適だったのかと驚きを隠せませんでした。
しかもです。夏はできるだけ身に纏う布の枚数も減らしたいものです。
上着はTシャツ1枚でOKなのですが、下はパンツ(以降便宜上ズボンと表現します)と下着(パンツ)の2枚がどうしても必要です。
ズボンとパンツの2枚。
モコモコしちゃって熱がこもります。
そこでTバックの出番です。
お尻の部分は丸出しなので、直接ズボンと接することになるので、1枚の布と接触しているだけ。
股間部分もハイカットであれば周辺はズボンの生地と接触しているだけ。
つまり股間の部分だけが2枚であって、他の部分は直接ズボンと接しているだけという快適さ。
楽すぎる。
もっと早くTバックに出会っていればよかった。
そう感じずにはいられないです。

Tバックはもうかなり穿き慣れておりまして、最初の頃は寝る時だけとか土日の休みだけ・・と日を選んで穿いていましたが、とうとう毎日穿くようになりました。
さすがに公共施設(温泉やプール)には穿いて出かけたことはありません。
ですが、職場に穿いて行ったりはしています。
足回りがごわつかないから、動き回る時にとても快適という印象も持ちました。
職場に穿いていったところで誰かに見せるようなそんな破廉恥なことする訳はないのですが、Tバックを穿いているということでテンションが上がったりします。

・・・しかしそれも最初の頃だけでした。
慣れちゃえば穿いていてもテンションが上がらなくなりました。
慣れって怖いです。
気分転換で穿くという感じにしたほうが逆に気持ちの高揚感とかがあって楽しいのかもしれません。
しかし私は気分より快適性を取って毎日穿いている感じです。

1つTバックを穿いている上での問題があります。
夏特有なのですが。
私は実家暮らしをしております。
下着は自分で手揉み洗いをしているので、それは問題ないのですけれどね。
夏って、パンツ1枚で家の中をうろつく!っていうのを男性諸君はよくやると思うんですよ。
トランクスとかだったら普通じゃないですか。
Tバックだとね、出来ない。恥ずかしくて。
それがなんとももどかしい。
きっと実家暮らしじゃなかったらやるんだろうなぁ。