読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

使い所が試される男のTバックでした

皆様こんばんは。
Tバック男爵です。
夜のひととき、楽しんでおられますか?

今回はそんな夜のひとときの楽しみをより激しくしてくれるであろうTバックの紹介です。
ですが、パートナーがいなくても一人で勝手に気分だけ盛り上がることが出来てしまう優れものです。
落ち込んでしまっているときなどにこのTバックを穿けば、きっと気分の回復のお役に立つことでしょう。


今回ご紹介するのはこちら。

 ONE(ワン) 薄地スベスベ2WAY生地 とんがりTバック


私が購入したのは色「パープル」、サイズは「L」でした。
2WAY生地ってなんだかカッコよく書いてありますが、生地が薄地でスベスベだよってことらしいです。
特筆すべきは「とんがり」だということ。
もうこれって夜のお楽しみ以外に使う用途あるの?
ってくらいの強調のされ方です。

私は独り身なので、気分の高揚感を得ることを目的としているのですけれどね。
一人で付けてたらただの変態かもしれませんが、別に誰かに見せるわけでもないし、一人で勝手に楽しむだけなので文句は言わせないよ!っていうやつです。言われても気にしないことにします。



<色・デザイン>
カラーバリエーションが豊富な商品で選ぶのが楽しいです。
私はパープルを選びました。
デザインもこの「とんがり」のセクシーな感じを魅力的に感じて購買意欲がそそられました。
総じて満足です。
洗うと若干色落ちしたように思います。
評価:◎


<通気性・吸湿性>
多少蒸れてしまうような感じがあります。熱がこもっているというか。
もう少し蒸れを逃がしてあげられるような感じだと良かったです。
評価:△


<サイズ感>
サイズはMとLの2種類しかありません。
もしXLがあればそれでもいいかなって思いました。
思ったより小さいです。ですが腰回りのサイズは丁度良いフィット感なので、◯です。
局部がおとなしいときは丁度良いフィット感なのですが、大きくなったときが問題です。
大きくなると生地が引っ張られます。伸縮性が多少あるとはいえ、やはりひっぱられます。
そうすると陰嚢の部分の生地が足りなくなってはみ出します。
局部の頭の部分はスッポリ入るので、そこは気持ちがいいです。
評価:△と◯


<生地の質感・伸縮性>
さらっとした生地なのでとても好みですし、伸縮性のある素材だと思います。
評価:◯


<穿き心地> 
サイズ感がよくない感じのときもあるので△の評価をつけるかどうか迷いましたが、フィット感や局部の安定感もあるので、なかなか捨てがたいものです。
一番改良してほしいなと感じたのは、「局部が大きくなったときでも陰嚢がカバーできるくらいの生地面積はほしい」ということですね。
評価:◯



ルームウェアの下にこれを着用するのなら今のところありという感じがします。
しかしこれを常時インナーとして着用して外出する勇気は今の私にはまだありません。
外で変なサイズになって強調されてしまったら丸わかりな感じがします。
さすがにそれは恥ずかしいなと思って。

あと、常時つけるとなるとどうしてもトイレの問題が出てくると思うのです。
Tバックの袋の部分に収まっているものを取り出しておしっこして、そしてまたその袋に戻すという一連の流れ。
男性用立ちション用トイレでなんかごそごそと袋にものを戻している姿はなんだか滑稽かもしれません。
洋式トイレで用を足さないといけない感じです。


やはりこの下着は常用ではなくパートナーとのお楽しみがメイン、ということなのでしょうかね。




広告を非表示にする