読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

ずっと同じ会社で働くということ。他の会社(世界)を知ら無いということ。

世の中には同じ会社にずっと勤めて「勤続◯◯年」というツワモノの方がいらっしゃいます。
以前は「終身雇用」なんていう言葉もあったくらい、同じ会社に勤めることはある意味「普通」のことだったのかもしれません。
しかし、経済状況も悪くなり企業側が「終身雇用」することが難しくなった今、働き手の方が「そこにいたいのか」それとも「いたくないのか」を選ぶ時代になりました。

そういう時代の中「ずっと同じ会社で働く」ということができる人はすごいと尊敬します。
(真面目に働いている人に対してですけれどね。中にはテキトーな感じな人もいらっしゃいますし。)
何十年と同じ会社で働くということは、もう言わば職人のようですし。
飽きずにやってこれたということですし。
その道のプロに成り得たということですものね。


飽き性の私にはなかなか出来ない芸当です。
中には私のように飽き性の方もおられるかもしれません。
それでもずっと働いている方もおられると思います。
そこで辞めてしまう人。辞めずに働ける人の違い。
そういうのも何かあるのかもしれません。

同じ会社で働く理由として一般的によく言われているものとしては
・給料がよい。
・人間関係がよい。
・環境が良くて働きやすい。
・仕事に慣れてやりがいを感じられるようになった。
・家庭を守らなければならない。
・生活のため。

などがありますよね。


その他にも転職するのがめんどくさいからというのもありますよね。
・新しく人間関係を構築するのがめんどくさい。
・仕事を一から覚え直すのがめんどくさい。
・今のポジションを捨ててまでして出直すのはめんどくさい。
・知らない仕事よりも知っている仕事の方が楽。
などなど。

まぁ、お金が絡んでくる話が一番大きいとは思うのですが、なんだかんだやれちゃう人はサラリーマンに向いているのだろうなと思います。

しかし本当にいろんなことに耐えられなくなったら辞めちゃった方が生き方としては楽だと思います。
生活はちょっと崩れるかもしれませんが、精神的にいっぱいいっぱいになっているのに続ける理由が見当たりません。
いや、お金の為という理由以外は。
それが絡んでくるから辞められないんですよね。辞められませんでした。
でもグダグダ悩みながらなんとか辞めました。スッキリしました。そしてゆるめの仕事に就いてなんとかやっています。


ずいぶん今回のテーマから脱線しましたが、「1つの会社で働き続けること」と「いろんな会社で働いてみること」のそれぞれのメリットやデメリットがあるなと感じるわけです。

1つの会社で働き続けるということは、その仕事のプロになったわけで、それなりの役職やポジションに就いているわけで、給料も安定している可能性が高いですよね。
でも逆にその世界しか肌で感じて分かっている訳ではないと。
他の会社での仕事のやり方を知らないから、方法が凝り固まってしまっているかもしれないということ。
価値観も凝り固まってしまうということ。

言ってしまうなら変化が少ないのかもしれません。
それが慣れに繋がるものでもあるのだけれども。

逆にいろんな会社で働いてみると世界が変わるので多様な価値観に触れて新鮮さを味わえるかもしれません。
こんな会社があったんだ、こんな方法で仕事を進めることができるんだ、とか。
違う世界を知る楽しさはあるかもしれません。

転職がうまくいくことも失敗することもあるので、「勇気」が必要になってきますけれどね(笑
よっぽど今の仕事が順調に行っている人は「転職」なんていう言葉は視界に入っていないと思いますが、もし今の仕事で悩んでみえる方がいらっしゃいましたら、新しい世界を知ってみよう!っていうプラス思考で動いてみるのも良いかもしれませんね。

他の世界にもっと面白いことがあるかもしれないよ!!

でもそれがなかなか出来ないのも現実。
お金が絡んでくるし、家族守らなきゃいけないし、生活がかかっているもんね。やっぱり。
独身で、守るものもなければ、先へ!先へ!っていけるかもしれないけれど。


小さな意識変化からプラスにもっていけると良いですね^^