読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

断られると自分でやってしまう

仕事をしていて、自分が手一杯になってしまっている時というのはどうしても手持ちの仕事を他の手の空いている方に振りたいものですよね。
または、本来は他の方の担当にしていくべき仕事の内容を、まだその方の技術レベルがそこに達していなくて様子見していた段階から移行していこうという場合も振るタイミングだったりしますよね。

なんにせよ、私は強く出れない!

相手を気遣い過ぎてしまって。
もしくは強く言いすぎると嫌なヤツだと思われてしまうのが怖くて。

強く言えない!!

例えばこうです。
私「すいません、お忙しいとは存じますがこの仕事だけ手伝って頂けませんでしょうか?」
社員A「あ、ごめんなさい。ちょっと私も出来なくて。。。」

と、言いつつもその方は私よりも先に退社していくという。


ちょっと頑張って成長してもらうために渡したい仕事をお願いした時でも
私「そろそろ1つ上のお仕事に挑戦して頂きたいと思うのですがやってみませんか?」
と問いかけてみると、
社員B「ごめん、無理です。」とか「私にはできません」とか「それ理解できないから」
と、何かと理由をつけられたりして断られてしまいます。

私の頼み方にも問題があるのでしょうか?
結局強く「これお願い!」みたいな感じで強引にもっていくことはできないので、引き下がってしまって残業して自分が仕事を処理してから帰ることとなります。
時には一人で二人分とか2.5人分とかの仕事量を抱え込んでしまったりしています。


そしてさらにタチの悪いことに私が頼んだ時は断っていたのに、とても仲の良い同性の方から頼まれていた場合は若干身を固めながらも引き受けている事象もあったりして。。。(女性同士です)
なんだ、私が嫌われているだけなのか?
そこまで仲が良いわけじゃないから引き受けてもらえなかったのか?
パワーバランスの違いか?
同性同士の助け合いならするけれども、男からの頼まれごとはしないのか?

あー!なんだろう、この腑に落ちない感じは!!

あんなに「やりたくない」と言っていた仕事の内容も、同性の仲のいい方から頼まれたら頑張って覚えようとしている姿をみると、自分の頼み方が悪いのか嫌われているのか相手にされていないのか、なんか色々落ち込むし。


そして自分自身がやらなければならない仕事は一向に減らないし、むしろ別のところからも流れ込んできて時々増えるし。
そんなに自分は頼みやすいのか。
頼んだ仕事は断られ、頼まれる仕事はやることになり、それらを一手に引き受けて。

そうね、頼まれたらなかなか断れないからね。
いいように使われてしまう「いい人」になってしまっているのは私です。
ザ・社畜の鑑。なのか?

いやー、まいったねー。

 

 

 

広告を非表示にする