人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

for men's T-back blog

自分のこと

自分のために用意された仕事じゃないだろうか?と感じた時。

先日のエントリーを覚えていらっしゃるだろうか。 search-life-work.hatenablog.com 履歴書のテンプレートまでを作るのは楽しいけれども、それを見ながら複製を作って行くのが苦手だとボヤいていた記事だ。 そこの本文でも少しだけ触れていたのだけれど「イ…

だからあれほど見せてはダメだと言ったのに。

私の悪い癖がある。 自分で描いたイラストをどうしても友達に見せてしまうという癖だ。 こういう行為は若い頃なら許されるのであろう。 だけれど、どうやらある一定の年齢を過ぎると反応が細分化される。 受け入れて納得したり褒めてくれるケース いちいち反…

怖い。その一歩が怖い。また、私は歩き出せないのだ。

「あと一歩踏み出すだけじゃないですか!!」と、私は言われた。 昨日、2歳下の友達とご飯を食べに行った。なかなか男気のある友達で、彼は私に延々と説教をしてくれた。いや、背中を押してくれていた。そして勇気付けてくれていた。先日もブログに書いたが…

楽しいことをする計画を立てよう!!

私にとってはなかなかこういう考えに至るまでには時間がかかる。 そもそも楽しいことをするのに計画なんていらない。 だって勝手にやりだすんだもん。 楽しいことは無計画でもやれるものだ。 しかし、私の場合は「やりたいこ」よりも「やらないといけないこ…

会社を辞めた途端に寂しさに襲われている。

文句しか出てこなかった会社を辞めた。 表面的な人付き合いでどこか気持ち悪さのある会社を辞めた。 契約した労働時間をほとんど守ってもらえず、オーバーワークになってしまっていた会社を辞めた。 なんども「もう辞める!」と思った会社を辞めた。 辞めた…

会社、辞めます。そう、伝えた。

ダムが崩壊したように、私の心は潰れた。 昨日、私は一人、黙々と難易度高めの仕事をしていた。 正直、一人ではどうしようもなく、困り果てていた。 困りながらも少しづつ進めていた。本当は助けが欲しかった。 しかし、その難易度のものに付いてこれる人が…

もう私はこの会社に居場所はない。そう思う。

頑張った。 耐えた。 気軽に誘われた会社で幸せに仕事が出来ることを夢見ていたが、悪夢だった。 人間関係も複雑に絡まってアウェイ感が満載になった。 偽物の笑顔の中で毎日を生きている。 いや、また死んでいる。 数年前と何も変わらない。 会社をやめれば…

友達と一緒にいても自分が見下されているような感覚に陥る時がある

きっと自分の中で「自分はこう思われているのだろうな」という勝手な解釈が働いて、小さな相手の表情や言動を全てそこに繋げてしまうから、自分で自分を不幸に陥れている。 独りでもいいじゃないか。 嫌われていたっていいじゃないか。 でもなんか色々悔しい…

独身の実家暮らしだからと言って休日に暇をしている訳ではないのだよ。

今週も充実?した日曜日でした。 午前中は家の食料品の買い出しの付き添い。 午後からは家庭菜園(といえどもちょっと広い)で作っていたジャガイモの収穫と、一部で伸び放題になっていた雑草の刈り取り。 身体をよく動かした日曜日でした。 ちょっとは体力…

人の怒りを吸収してしまう体質。そして怒りを放出してしまいやすい体質。

「怒りの無い平和な社会だったらいいのに。」そう思うことはある。あるけれども、それは人間が人間である限り不可能な話なのだ。 怒りっぽい人もいれば、怒りを受け流せる人もいるし、いつもイライラをまき散らして怒りっぱなしの人だっている。仕方がないこ…

マイナンバーカードの発行準備が出来たということで市役所で受け取ってきました。

マイナンバーカードを作ろう!としていた記事を覚えていらっしゃるだろうか。 まずは過去記事を貼っておきますね。「つまづいた!マイナンバーカードは市役所では発行してくれない!!」 search-life-work.hatenablog.com この記事でつまづいた点というのが…

自分の強みを客観的に診断してくれることで有名な本を試してみました

数多くのはてなブロガーさんが紹介していた本。 「さあ、自分の才能に目覚めよう」という本。 またの名を「ストレングス・ファインダー」。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリ…

春の嵐

雨が酷い。 土砂降りだ。 風は、やんわりと吹いている。 生暖かい風だと想像して窓を開けてみたら冷たい風だった。 私のブログの書き方は、タイトルやテーマだけ先に起こしておいて、キーワードをいくつか作り、そこに肉付けしていくというような書き方が多…

飛騨の銘菓「しらさぎ物語」が子供の頃から好きです!

今回は、私が子供の頃から好きなお菓子を紹介してみたいと思います。しかも地域限定のお土産品のお菓子です。 子供の頃の記憶 幼いころに食べた時の記憶が薄っすらと残っています。多少の記憶の改変はあるかもしれませんが、きっとその記憶が「初めてそのお…

自分が本当に喜びを感じる瞬間のひとつ。

自分は本当にローテンションな人間だし、基本的には喜びの感情や嬉しさの感情は表に出にくい。そして感じにくい。 (怒りやストレスは感じるのに) それでも本当に喜びを感じてしまう瞬間が自分にもある。その瞬間だけは本当に幸せを感じていると自覚できる…

つまづいた!マイナンバーカードは市役所では発行してくれない!!

マイナンバーの制度が始まり、交付されてから1年くらいが経ちました。 正直なところ、「個人個人に番号が割り振られ管理される」というのは凄く気持ち悪いですし、肩身の狭い感じを覚えてしまって好きではないです。 しかし、今後も日本に住み続けていくの…

他人の目を気にしないような生き方が出来るように訓練を始めてみようと思う。

生きづらい。 その一つが「他人の目を気にしてしまう」ということ。 あなたは会社や学校で、「自分は嫌われているのではないだろうか?」と感じたことはありませんか? 私は常日頃から感じています。 自分の特性として 協調性がないのをフォローするために周…

毎朝本当につらい。朝が弱い。その否定的なイメージを覆す訓練でもしてみようじゃないか。

私は朝が弱い。 「起きることができない」という意味だけの「朝が弱い」ではない。 起きることだけなら携帯のアラームで起きることが出来る。 しかし、目覚めが本当に悪い。 ものすごくマイナスなイメージというか、どんよりとした気分で朝が始まる。 「キレ…

独り寂しい夜を越えていくこと

おはようございます。 かたつむりです。 30代独身実家暮らしの人生こじらせ系男子の心境です。(男子と呼べない年齢ですが語呂がいいので男子) 最近、夜寝る前に非常に寂しくなったり虚しくなったりすることが増えてきました。 独りなんて平気だし、独り…

自転車を始めてみたいなと思っていたら自転車が手に入りました。

体力づくりは健康の上で大切だ! ということは頭では分かっているんだけど、出不精な私は続かない。 過去にスポーツジムへ行った時も半年も経たないうちに行かなくなったことから始まり、思い立っては自宅で筋トレをするもやっぱり続かない。 去年もウォーキ…

ハローワークに1年ぶりに行って話をしてきたという事件

自分にとっては事件だったというだけのお話なんだけれど。 1年ぶりにハローワークに行ってきました。 1年前も「もし他に良いところあったら転職も視野に入れてみよう」ということで行ってきました。 その時は全く気になる仕事がなかったので断念しました。 …

心の底から頼れる大人が身の回りにいなかったと思い込んでいるのは間違いなのだろうか?

自分の意見や考え方が多くの場面で否定されたり認められることがない人生を送ってきた場合、そして自分の意思決定が失敗した経験を多くしていた場合。 人は自信を無くす。 自分の決定に自信がなかった 生き方を示してくれる人がいない 自分の決定に自信がな…

仕事で生かされる自分の長所・短所について考えてみた

相変わらず身動きの取れなくなってしまっている自分の心持ちに翻弄されながら生きているかたつむりです。サラリーマンにはなりたくないという気持ちと、もう少しお金に余裕を持ちたいという気持ちで揺れています。まだパート従業員を続けています。フリーラ…

2016年を振り返る日がやってきました

今年も1年間が早かったです。 2月や3月に起きた出来事がついこの前のように感じます。 かといって遠い昔の出来事にも思えてしまうくらい濃密だったかもしれません。 大晦日ですので、今年の出来事を少し振り返ってみたいと思います。 大きく変わったこと…

12月に入ってなんだかやる気が停滞している日々を過ごしています。

12月。 そして今日はクリスマス。 この記事を書いている間にクリスマスが終わってしまうのか、それとも25日中にアップ出来るのか、どうなのか。 今年もやっぱりクリスマスは一人ぼっちだったけれども、そんなもんだよね。 コンビニでケーキを買って両親と食…

年末、友人との忘年会で覚えた違和感

年末になると、毎年友人数名と忘年会を開催しています。 しかし、30歳も半ばくらいになってくると、各々環境の変化などもあったりして話はそれぞれの身辺の話になったりもします。 今年の忘年会は、私は少し友人とのやりとりに違和感を覚えてしまいました…

私的見解による「自分のイラストが上達した3つの理由」

前回の記事「劣等感や無価値感を感じる要因の1つに夢や目標が関係していることもある」で、私がかつてイラストレーターを目指していたことに触れました。 search-life-work.hatenablog.com ヘタだヘタだと自分を見下す日々でしたが、結局またペンを手にしま…

劣等感や無価値感を感じる要因の1つに夢や目標が関係していることもある

夢。目標。 人生を生きていく上で生きがいになったり、元気の源になったりするもの。 夢に向かって成長している自分や頑張っている自分、努力している自分を認めてあげることができたなら、それはかけがえのない時間を生きていることになりますよね。「生き…

劣等感や無価値感を感じる要因の1つにお金が関係していることもある

自分に対する劣等感や無価値感からなかなか抜け出せないかたつむりです。こんにちは。 今回はタイトルにあげた通り自分自身に対する「劣等感」や「無価値感」を感じてしまう要因の1つとして「お金」が関係していることもあるという考察です。 つまりお金に…

無料だったら仕事を頼まれるけれど、有料になった途端に「じゃあいいわ」って断られてしまうこと

自分でフリーランスの真似事をしていた時によくあった出来事なので少し思い出しながら書いてみたいと思います。 時々このブログにも書いますが、かつての私の夢。「イラストレーターになりたい」という夢。それを追いかけていた頃のお話です。 絵を描いたり…