人生につまづきながら生き方や働き方を模索していくブログ

どうにも社会人として会社に馴染めないとか、生きるのがちょっと疲れちゃってたりとか、生き方とか働き方に疑問を持ってたりとか、なんかそんな事とかそうじゃない事とかをのんびり書いていくブログ。

自分のこと

友達と一緒にいても自分が見下されているような感覚に陥る時がある

きっと自分の中で「自分はこう思われているのだろうな」という勝手な解釈が働いて、小さな相手の表情や言動を全てそこに繋げてしまうから、自分で自分を不幸に陥れている。 独りでもいいじゃないか。 嫌われていたっていいじゃないか。 でもなんか色々悔しい…

独身の実家暮らしだからと言って休日に暇をしている訳ではないのだよ。

今週も充実?した日曜日でした。 午前中は家の食料品の買い出しの付き添い。 午後からは家庭菜園(といえどもちょっと広い)で作っていたジャガイモの収穫と、一部で伸び放題になっていた雑草の刈り取り。 身体をよく動かした日曜日でした。 ちょっとは体力…

人の怒りを吸収してしまう体質。そして怒りを放出してしまいやすい体質。

「怒りの無い平和な社会だったらいいのに。」そう思うことはある。あるけれども、それは人間が人間である限り不可能な話なのだ。 怒りっぽい人もいれば、怒りを受け流せる人もいるし、いつもイライラをまき散らして怒りっぱなしの人だっている。仕方がないこ…

マイナンバーカードの発行準備が出来たということで市役所で受け取ってきました。

マイナンバーカードを作ろう!としていた記事を覚えていらっしゃるだろうか。 まずは過去記事を貼っておきますね。「つまづいた!マイナンバーカードは市役所では発行してくれない!!」 search-life-work.hatenablog.com この記事でつまづいた点というのが…

自分の強みを客観的に診断してくれることで有名な本を試してみました

数多くのはてなブロガーさんが紹介していた本。 「さあ、自分の才能に目覚めよう」という本。 またの名を「ストレングス・ファインダー」。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリ…

春の嵐

雨が酷い。 土砂降りだ。 風は、やんわりと吹いている。 生暖かい風だと想像して窓を開けてみたら冷たい風だった。 私のブログの書き方は、タイトルやテーマだけ先に起こしておいて、キーワードをいくつか作り、そこに肉付けしていくというような書き方が多…

飛騨の銘菓「しらさぎ物語」が子供の頃から好きです!

今回は、私が子供の頃から好きなお菓子を紹介してみたいと思います。しかも地域限定のお土産品のお菓子です。 子供の頃の記憶 幼いころに食べた時の記憶が薄っすらと残っています。多少の記憶の改変はあるかもしれませんが、きっとその記憶が「初めてそのお…

自分が本当に喜びを感じる瞬間のひとつ。

自分は本当にローテンションな人間だし、基本的には喜びの感情や嬉しさの感情は表に出にくい。そして感じにくい。 (怒りやストレスは感じるのに) それでも本当に喜びを感じてしまう瞬間が自分にもある。その瞬間だけは本当に幸せを感じていると自覚できる…

つまづいた!マイナンバーカードは市役所では発行してくれない!!

マイナンバーの制度が始まり、交付されてから1年くらいが経ちました。 正直なところ、「個人個人に番号が割り振られ管理される」というのは凄く気持ち悪いですし、肩身の狭い感じを覚えてしまって好きではないです。 しかし、今後も日本に住み続けていくの…

他人の目を気にしないような生き方が出来るように訓練を始めてみようと思う。

生きづらい。 その一つが「他人の目を気にしてしまう」ということ。 あなたは会社や学校で、「自分は嫌われているのではないだろうか?」と感じたことはありませんか? 私は常日頃から感じています。 自分の特性として 協調性がないのをフォローするために周…

毎朝本当につらい。朝が弱い。その否定的なイメージを覆す訓練でもしてみようじゃないか。

私は朝が弱い。 「起きることができない」という意味だけの「朝が弱い」ではない。 起きることだけなら携帯のアラームで起きることが出来る。 しかし、目覚めが本当に悪い。 ものすごくマイナスなイメージというか、どんよりとした気分で朝が始まる。 「キレ…

独り寂しい夜を越えていくこと

おはようございます。 かたつむりです。 30代独身実家暮らしの人生こじらせ系男子の心境です。(男子と呼べない年齢ですが語呂がいいので男子) 最近、夜寝る前に非常に寂しくなったり虚しくなったりすることが増えてきました。 独りなんて平気だし、独り…

自転車を始めてみたいなと思っていたら自転車が手に入りました。

体力づくりは健康の上で大切だ! ということは頭では分かっているんだけど、出不精な私は続かない。 過去にスポーツジムへ行った時も半年も経たないうちに行かなくなったことから始まり、思い立っては自宅で筋トレをするもやっぱり続かない。 去年もウォーキ…

ハローワークに1年ぶりに行って話をしてきたという事件

自分にとっては事件だったというだけのお話なんだけれど。 1年ぶりにハローワークに行ってきました。 1年前も「もし他に良いところあったら転職も視野に入れてみよう」ということで行ってきました。 その時は全く気になる仕事がなかったので断念しました。 …

心の底から頼れる大人が身の回りにいなかったと思い込んでいるのは間違いなのだろうか?

自分の意見や考え方が多くの場面で否定されたり認められることがない人生を送ってきた場合、そして自分の意思決定が失敗した経験を多くしていた場合。 人は自信を無くす。 自分の決定に自信がなかった 生き方を示してくれる人がいない 自分の決定に自信がな…

仕事で生かされる自分の長所・短所について考えてみた

相変わらず身動きの取れなくなってしまっている自分の心持ちに翻弄されながら生きているかたつむりです。サラリーマンにはなりたくないという気持ちと、もう少しお金に余裕を持ちたいという気持ちで揺れています。まだパート従業員を続けています。フリーラ…

2016年を振り返る日がやってきました

今年も1年間が早かったです。 2月や3月に起きた出来事がついこの前のように感じます。 かといって遠い昔の出来事にも思えてしまうくらい濃密だったかもしれません。 大晦日ですので、今年の出来事を少し振り返ってみたいと思います。 大きく変わったこと…

12月に入ってなんだかやる気が停滞している日々を過ごしています。

12月。 そして今日はクリスマス。 この記事を書いている間にクリスマスが終わってしまうのか、それとも25日中にアップ出来るのか、どうなのか。 今年もやっぱりクリスマスは一人ぼっちだったけれども、そんなもんだよね。 コンビニでケーキを買って両親と食…

年末、友人との忘年会で覚えた違和感

年末になると、毎年友人数名と忘年会を開催しています。 しかし、30歳も半ばくらいになってくると、各々環境の変化などもあったりして話はそれぞれの身辺の話になったりもします。 今年の忘年会は、私は少し友人とのやりとりに違和感を覚えてしまいました…

私的見解による「自分のイラストが上達した3つの理由」

前回の記事「劣等感や無価値感を感じる要因の1つに夢や目標が関係していることもある」で、私がかつてイラストレーターを目指していたことに触れました。 search-life-work.hatenablog.com ヘタだヘタだと自分を見下す日々でしたが、結局またペンを手にしま…

劣等感や無価値感を感じる要因の1つに夢や目標が関係していることもある

夢。目標。 人生を生きていく上で生きがいになったり、元気の源になったりするもの。 夢に向かって成長している自分や頑張っている自分、努力している自分を認めてあげることができたなら、それはかけがえのない時間を生きていることになりますよね。「生き…

劣等感や無価値感を感じる要因の1つにお金が関係していることもある

自分に対する劣等感や無価値感からなかなか抜け出せないかたつむりです。こんにちは。 今回はタイトルにあげた通り自分自身に対する「劣等感」や「無価値感」を感じてしまう要因の1つとして「お金」が関係していることもあるという考察です。 つまりお金に…

無料だったら仕事を頼まれるけれど、有料になった途端に「じゃあいいわ」って断られてしまうこと

自分でフリーランスの真似事をしていた時によくあった出来事なので少し思い出しながら書いてみたいと思います。 時々このブログにも書いますが、かつての私の夢。「イラストレーターになりたい」という夢。それを追いかけていた頃のお話です。 絵を描いたり…

疲れているときや悩んでいるときは、ついつい長風呂をしてしまう

シャワーよりもお風呂が好きなかたつむりです。あったかいお湯に浸かっていると幸せを感じます。 時間がなくて急いでいるとき、「今日は早めにお風呂を出よう!」と決めて入浴に挑んでも結果として「あちゃー、結局今日も30分くらい入っていたわー。」となっ…

つまづいた感情から逃げるための拠り所をつくっているから気持ちがフラフラしているということ

人生に立ち向かう時、あなたは逃げ場を作りますか?それとも背水の陣を敷いて一点突破を狙いますか? こんにちは。33歳(2016年現在)、人生ブレブレで生きているかたつむりです。 冒頭に書いた人生に立ち向かう時の2パターン。どちらにもメリットとデメリ…

好きなことをしているはずなのに心が満足していない。それって幸せを感じる基準がおかしいかも?

みなさんは「何をしていても楽しくない」と感じたことはありませんか?私は一時期そのような感情に支配されているときがありました。 以前の会社で勤めていた時です。本当に何をしていても楽しくありませんでした。 仕事をしていても全然楽しくありませんで…

真面目すぎる性格が災いして、たまに冗談を言っても通用しないんだなぁ

こんにちは。かたつむりです。 このブログの記事の書き方とか考え方からみると、読んで頂いている方にとっては「真面目」とか「暗い」とか「マイナス思考」だと思われているのではないかと思います。 そしてそれは間違っていないかと思います。 それが私が人…

向いている仕事が分からなくて結局同じところに留まってしまう

「この仕事は自分に向いていない」そう思ったことありませんか? 私は何度となくあります。「この仕事は向いていない」「もっと他に向いている仕事があるのではないか」「ここは自分の居場所じゃない」 言葉遊びを繰り返しながら「今自分がやっている仕事」…

人のミスまで責任を取りたくないと言う社長

ウチの会社の社長は名言の宝庫です。しかも悪い方向で。ネタに困らないのでありがたくこのブログで使わせて頂いております。 タイトルにもあげた通りウチの社長は頻繁にこういうセリフを使います。「人がやった仕事の責任まで取りたくねぇ」「人の間違いの修…

20連勤を人生初体験して思ったこと

2016年9月。私は人生で初めて20連勤というものを経験しました。しかもパート従業員として。 4月には13連勤(だったかな?)を経験して、夜も22時くらいまで残業して・・・、とかを経験していたのですが、それにも勝るような経験をすることになってしまいまし…

小さいころの自分の行動を思い返してみて、今でも変わっていない部分が自分の本質であると分かる

皆さんは自分の幼少期の頃のこと、覚えていますか?何が好きでしたか?どんなことをして遊んでいましたか?何に興味がありましたか? 自分の小さい頃のこと、特に幼少期の頃のことを思い出してみると意外にも今でもそれが変わっていないなと思うことがあると…

私は家で笑うことをやめた

私は家で笑うことをやめた。 やめた、というよりも出来なくなった。 家族と笑い合うことが出来ない。もう少し言うと、両親の前で笑顔を見せることが出来ない。 自分の部屋で何か面白いものに触れた時(テレビや漫画で)はニヤッとは笑うんだけれども、声を出…

人生に楽しいイメージが持てない

人生に楽しいイメージが持てないということ。それは人生そのものが楽しくないということ。人生の楽しみ方を知らないということ。ワクワクすることやドキドキすることや笑えることがないということ。「生きていて、楽しい?」と聞かれても「人生つまらない」…

自信の無さは鬱につながり、鬱は死に繋がる

自信を持って生きている人が羨ましい。 そう思ったことはありませんか?1度そう思い始めると「なんで、なんで」ってその人を羨んだり比較検討を始めたりしませんか? なんであの人はあんなに自信満々で生きていくことができるのだろう。なんであの人はいつ…

自分の心がリフレッシュできることの1つに「温泉」がヒットした件

自分の気持ちが前向きになって元気になれるようなこと、リフレッシュできるようなことを探している最中ですが、その中の1つに「温泉」が仲間入りしました。 どうやら私は温泉に入るととても気分が良くなるらしい。そして体調も良くなった気になるらしい。 …

弱い人間だからこそ生き残るための術を考える必要がある

言葉の上では「同じ人間なんだから」という言葉をよく聞きますが、細分化していくとたとえ「人間」というくくりは同じであったとしてもその中には色々な種類の人間がいますよね。 今回の記事で分けて考えたいのは「強い人間」と「弱い人間」の2種類について…

注意力が必要な仕事は私には出来ないのではないかと思う

人間ですもの、誰だってミスをします。でも、ミスをすると“ミスをすることが絶対悪”かのように注意をしてきます。場合によってはこっぴどく叱られます。怒られます。常に100%の完璧を求められます。万人にそれを求められます。ずっとミスなく仕事をして…

見た目が弱そうだから「心身を鍛えてあげようか?」なんて言われるけれど大きなお世話だよ!

私はどうしても「弱そう」って思われてしまいます。 弱そうに思われる理由は次のようなことがあります。 童顔だから 体がひ弱そうだから 心が弱そうだから 言葉に力がないから 目に力がないから どこか弱そうな雰囲気が漂っているから(自信がなさそうだから…

同じ職場にいるけれども心はバラバラ。

さて、いきなりですが。あなたの職場は居心地のいい職場ですか? この質問に「はい!」と答えられた方。とっても幸せで恵まれていますね。今の職場、大切にされてくださいね。 この質問に「いや、そうじゃない!」と答えられた方。そうですね、多くの職場に…

事故渋滞でパニック発作が出そうになる

いつ頃から自分にパニック障害が起き始めたのだろうか? 事の始まりは自分が専門学校に通っていたころから少しずつ出始めたのではないだろうか。高校の時の授業時間と比べると、1コマの分数が大学や専門学校に入ると長くなる。そうすると気になるのが「トイ…

同じ努力を他人と同じだけしても同じものになれるわけではない不条理感

分かりきっていることだし、今更こんなことを書く必要はないのかもしれないけれども、敢えて書いてみようと思う。 「他人と全く同じ努力をしたところで同じものに成れるわけではない」 ということを。 生まれも育ちも違うわけだし、体型や筋肉のつき方も違う…

神経質な性格は生きるのが大変!「気にしすぎる」ことのメリットとデメリット

「気にしすぎですよ」って優しく言ってもらえた時に「ハッ」っとなることがあります。また自分は細かいことを想像して勝手に落ち込んでいたと。勝手に想像して勝手にウダウダしてグジグジしていたと。なので優しく「気にしすぎ」って言ってもらえることにと…

自分一人に仕事の尻拭いが回ってくる件。

今回はちょっと傲慢な記事です。 周りの人が決してサボっている訳ではなく、各自のスタンスに沿ったやり方で頑張っていることも理解しているつもりです。 ただ、自分のところにくる仕事が集中していて、他の人よりもこなしている内容や種類が多いのに、なん…

会社辞めたいって呪文のように唱えていた時期が自分にもあったな。っていう話。

正社員で働いていた頃に呪文のようにつぶやいていた言葉。 心の中でも何回も繰り返しつぶやいていた言葉。 「会社辞めたい」 「仕事辛い」 相当鬱々とした日々を過ごしていました。 最低でも3年くらいは言い続けていたことでしょう。 聞かされていた周りの…

親会社からの連絡メールの送信時間を見てビビる時があるよね。

先日のことでした。 午前中に業務メールをチェックしていたところ、親会社の方からメールが届いていました。 4件ほど届いていて、それぞれが別の件名、内容で書かれていたものでした。 添付書類とともにプリントアウトしてそれぞれの内容について検討してい…

武井壮さんみたいにはできないだろうけれど、体調管理シートをつけてみることにした。

NHKの教育テレビで夜10:00〜毎週1回放送されている「オイコノミア」という番組をご存知でしょうか? 私は毎週欠かさず見て・・・いる訳ではないのですが、録画して暇な時に見ています。 録画番組は消化不良を起こしてしまっていますが、気になるタイトルの…

自分に協調性が無いことは分かっているけれど、どうしたものか。

自分には協調性がない。 馴染んでいるようで浮いている。 なんとなく上っ面だけの付き合いで誤魔化しているし、誤魔化されている。 本音を話して仲良くなれたのかな?と思ってみるとそれは結果勘違いだったこともある。 そして付き合い方がわからなくなって…

モテるためには!!みたいなことを書いているサイトが沢山あるけれど。

ネットでちょっとでも「モテたい」などのキーワードを入れるとあれやこれやと検索がヒットします。 自分から検索することがないにしろ、ニュースサイトやコラムなんかの記事に載っていると目に入ってきたりします。 過去、運良く彼女が出来たこともあったけ…

真面目に仕事をしていれば幸せは訪れる。訳ではなかった。

「真面目に人生を歩んでいればきっといいことが待っている!!!」 それホント?? 残念ながら間違っていました。 私にとっては。 真面目に生きていたらつまらない人間になってしまいました。 自分のことを「つまらない」と言ってしまえる自分になってしまい…

道から外れると性格も歪む!?いやむしろ個性じゃない?

「普通」っていう言葉。 好きですか?嫌いですか? 私は嫌いです。 「普通は◯◯だよねぇ〜」っていうその感じ。 どうしても抵抗したくなっちゃいます。 「普通ってなんだよ!!」って。 一応社会に溶け込むフリをしているので、会社にいるときなんかは「普通…